全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 Groovyベーススクール スクールブログ 弾いてみたシリ...

弾いてみたシリーズ⑨

こんばんわ、ミヤです。

好評を頂いている演奏動画シリーズ、第9弾です。


曲は、「Stevie Wonder」の「Sir Duke」です。


■原曲




■カラオケバージョン




■リズム隊だけバージョン





この曲は、CMなんかにもよく使われてるので、スティービーを知らない人でも、
きっと聴いたことありますよね。

1976年のリリースなので、もう約40年も前になるんですね。

それなのに、まったく色あせてないこの感じは、この曲が超名曲だからっすね。

ベースはネイザンワッツ、この曲もさすがのプレイです。

そうそう、スティービーといえば、彼本人が弾くシンセベースもエゲつないくらい
グルーヴィーなんですよね。

スティービーワンダーの楽曲は本当にベースがカッコいい曲ばっかりなので、
ベーシストは必聴だと思います。



この曲のプレイ面でいうと、ゴーストノートが重要な位置を占めてると思います。

後、ホーンとのユニゾンフレーズの歌わせ方ですね。

今回はCDっぽくやったので、あまりヴィブラートをかけてないですが、要所要所でホーンの
ニュアンスに合わせて横方向のヴィブラートを入れると、また違った感じで良くなると思います。

なんせこのフレーズ、メジャー、マイナーペンタの運指練習にもってこいなので、
指をもっと自由に動かしたい~、という方には楽しみながら練習できる、
とってもいいフレーズだと思います。



では、また~!!!

 

(2014年9月11日(木) 6:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2014年MVPコーチ!100名超に指導、ウルフルズのメンバーと共演も

Groovyベーススクール
ミヤ (エレキベース)

川崎・横浜・渋谷・武蔵小杉・溝の口・登戸・大井町・経堂・向ヶ丘遊園・生田・都立大学・...

ブログ記事 ページ先頭へ