全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 スズキのベース・ワークショップ スクールブログ 一番お金をかけ...

一番お金をかけるべき機材は?

いきなりですが、音楽に関する機材や料金って高いですよね。
ほんと、トチ狂ってるとしか思えないぐらい高い。
弦やらアンプやらエフェクトやらシールドやら電源ケーブルやら今月の家賃やらキャビネットやらDIやら猫の食費やらプラグインやらスタジオ代やら、なにやら、もう、大変。

それでも、楽器を初めて楽しくなってくると、機材にお金をかけたくなってくる事と思います。そんな時に本日のテーマ。


一番お金をかけるべき機材、それは何か。
私の意見としては、「普段のオーディオ環境」ではないかなと思ってます。
自分が普段よく音楽を聴く環境。
自宅のスピーカーだったり、イヤフォン/ヘッドフォンだったり。
プレーヤー、アンプ類、電源、等々、そういったもの。
いわゆる再生環境ですね。

演奏は、楽器を弾く事ではなく、聴く事からスタートします。
普段どういう音を聴いているかは、その人の演奏に直結しています。
音色やフレージング等は当然のこと、
あまりよく聴いていない方は、よく聴いていない方の演奏をしますし、
普段からよく聴く癖がある人は、よく聴く人の音を出します。

なので、そもそものスタートとなる再生環境に少し気を配ってみましょう。
なにも、一本数百万円クラスのスピーカーを使おうというのではなくて。
最初は、値段が安くても気にせず、自分が何となく、感覚的に好きな音をするものを選ぶと良いと思います。

私事ですが、初めてちゃんとしたオーディオシステムを手に入れた時、それまでどれだけ聞こえてなかった情報があったのかに愕然とし、今までどれだけ損してたのか、なんで早くちゃんとした再生環境を手に入れなかったのかと、ものすごく悔やみました。

あなたの体があなたが普段食べているものによって出来ているように、
あなたの演奏は、あなたが普段聴いている音で出来ています。

 

(2014年6月9日(月) 20:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

数々のメジャー作品に参加。一人ひとりに合った演奏スタイルを見つけます

スズキのベース・ワークショップ
鈴木学 (エレキベース)

川崎・横浜・五反田・目黒・渋谷・原宿・池袋・武蔵小杉・溝の口・蒲田・学芸大学・都立大...

ブログ記事 ページ先頭へ