サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 Groovyベーススクール スクールブログ 弾いてみたシリ...

弾いてみたシリーズ⑤

こんばんわ、ミヤです。

最近、すっかり夏ですね☆

夏は一年で一番好きな季節なので、今からワクワクドキドキしてます。




さて、僕の生徒さんにも嬉しいことに好評を頂いている、演奏動画集です。

今までがロック一辺倒だったので、ここらへんで別のジャンルを。

高校生の頃からずっと大好きな、「Jamiroquai」の曲です。

ジャミロといえば、初代ベーシストのスチュワート・ゼンダーが有名ですよね。

僕もめっちゃ大好きです。

でも、今回はあえて外して(笑)、現時点での最新アルバム「Rock Dust Light Star」から
「All Good In The Hood」です。

ベーシストはポール・ターナー。

ファンクマナーに則った堅実なプレイが持ち味で、そのあたりがスチュワートとは違いですかね。



■原曲



■カラオケバージョン



■リズム隊だけバージョン



この曲は、ドラムのデリックの重戦車のようなどっしりとした四つ打ちのビートに
ポールのファンクネスあふれるベースラインが特徴ですね。

少しでもポケットを外すとグルーヴしないので、
演奏面では基礎的なテクニックと、正確なリズムキープがとても重要になってくると思います。

今回は1969年のジャズベを使ってみました。

ビンテージフェンダー独特のブリっとした音色も、併せて楽しんでもらえると嬉しいです。

それではまた~!!

 

(2014年5月31日(土) 19:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2014年MVPコーチ!100名超に指導、ウルフルズのメンバーと共演も

Groovyベーススクール
ミヤ (エレキベース)

川崎・横浜・渋谷・新宿・武蔵小杉・溝の口・登戸・大井町・蒲田・下北沢・経堂・向ヶ丘遊...

ブログ記事 ページ先頭へ