全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 Bo-zu・ベースクリニック スクールブログ 超ライトタック...

超ライトタックルのススメ

タックルという言葉は釣具に使われる言葉なのでベースとは無関係です。
しかし共通するな~と思って、今回はタックルという言葉をベースにもつかっていきます。

釣り、飲み友達にビックンという奴がいます。
彼はどこに行くのにもポーチ一つです。
釣り旅行に行った際も、ポーチ一つで来た猛者です。
したがって持ってきても竿一本、ポーチに仕掛け数個という超軽装でいつも遠征をします。
まぁ、、、ほぼ彼の道具は徹の車に積みっぱなしという裏ワザもあるのですが(笑)
「有る物で楽しむのが釣りっす」
といい、優れた釣果を叩き出す器用な男なのです。


さて話をベースに戻します。
几帳面な母に育てられ、旅行は2日前から用意しなさい、と教えられてきた僕にとって、ビックンの存在は超イレギュラーでした。
しかし釣りはそうもいってられないので今でも大荷物ですが、、、
ベースに限っては現在、超ライトタックルです。
ビックンに対する憧れの一つです。


ケースにベースを入れればすぐにリハでもレコーディングでもライブでも出来るようになっています。
ケーブル×2、パッチ×1
チューナー
プリアンプ
調整工具
ピック
スタジオカード入れ
のみです。
意外と入ってました(笑)
で、普段からこれしか持っていきません。
というのも、これだけで足りてしまうからです。


一時期はエフェクターを5個くらいを直列から並列に逃がしてそれを2系統にして、、、電源すらも持ち歩く
というなかなかハードな荷物や
アンプを持っていく
等もやっていたのですがこりゃ意味ないな、と。
結局アンプはキャビで音が変わりますし、ダメな音響で良いアンプがあっても変わりませんし
エフェクターはベースにとって大して必要じゃなくて有るもので代用が効いたりします。
例えば
歪み→スラップ
空間→倍音たっぷりだしてリアのみ
フィルター→これは無理かな(笑)

といった具合です。
代用、というよりは
あ!それでもいいね!
と思わせるテクニック、というか。
大抵歪みが欲しい~なんてリクを貰うときは、激しい音色を求めている場合なので、スラップしてもハマるんですよね。
バッキング的な歪の場合はフロントを用いて乱暴にピックを使い代用、とか。


ですがコンプだけは代用できないです。
もちろん粒を揃えるため、という使い方であれば練習でいくらでも補えますが
音圧を上げる
電子楽器になじませる
独特のパツっとした音
等になると特にパッシヴベースだと厳しいですね。
アクティヴでEMGなんか積んでるベースだと、過剰にEQを効かせば良い感じになるかもです。


で、なぜ超ライトタックルがオススメかというと
まず
軽い
です。次に
両手が空く
です。さらに
上手くなります。


要はベース一本で多彩な音色を出さなければいけないので奏法自体を知る必要、そして練習をする必要があります。
また、アンプのセッティングも全ての奏法に対応させなければいけないので要勉強でしょう。
詰まるところ経験が増え、上手くなっていきます。


最近ではベースを持ってかなくてもなんとかなるんじゃねーか、、、
まで思案している僕なんですが(笑)
freedomで演奏する僕を、皆さん愛してくださいますので失礼な事はできないですね。


良いことだらけの超ライトタックル。
是非、試してみてくださいね。

 

(2014年5月28日(水) 12:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~ボカロ曲までサポート歴豊富!パパベーシストが親身にレッスン

Bo-zu・ベースクリニック
加山耕平 (エレキベース)

高田馬場・池袋・御徒町・秋葉原・西船橋・御茶ノ水・水道橋・銀座・葛西・浦安・行徳・神...

ブログ記事 ページ先頭へ