全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース福岡 オオサトエレキベーススクール スクールブログ ポールマッカー...

ポールマッカートニーは世界一のベースマン!!

と、上記の発言をしたのは、クラプトンと言われてるそうです。
(そうです・・・というのは、私が横で聞いていた訳ではありませんので。)

しかし、クラプトンが言うまでもなく、マッカートニーが世界一のベースマンだと私は思っています。

正確に言うと、ボーカル&ベースマンですね。

ベースを弾きながら唄うベースマンでは、ポールマッカートニーが世界一!だと思っちゃいます。

基本的に私は、ベースを弾きながら唄うスタイルをとっています。

ベースを弾きながら唄うというのは、ギターの弾き語りとは比べられない位に難しいものです。


だからと言って、いきなりこのレベルを目指す訳では、ありませんが。(*^_^*)

ベースは、リズム楽器とも言われ、リズムを刻む、楽器でもあります。

リズムを刻む楽器といいますと、ドラムが筆頭に上がりますが、バンドでは、ベースとドラムはお友達の関係になります。

ドラムのバスドラと、ベースの低音が区別がつかないような構成が良いと聞いたことがありますが、それが本当かどうかは私にはいまだに理解してません。(^_^)

音楽は好みの問題ですから、色々あってオッケーな人間な私なもんで・・・


ということで?

ベースは、リズムが重要になります。

リズムを体得するには、口ベース?ミスターベースマンのように口でベースをやる歌がありますが、あんな感じです。

楽器もたなくてもベースの練習ができます。

ベースマンは、ドラムも叩けるようになるとも言われてますが、ポールはドラムも叩いています。私も少しですが、叩きます。

ポールはピアノも弾きますから、マルチプレイヤーの世界一という言い方が正解かもしれませんね!


(^_^)


























 

(2014年3月13日(木) 11:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リズムパターンを習得すればエレキベースは簡単!理論と実践で素早く上達

ブログ記事 ページ先頭へ