全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 Mitchのグルーヴ道場! スクールブログ グルーヴって?...

グルーヴって??

今日は「本当にグルーヴしてる?」と問いかけてみたいと思います。自分自身にもです。

音楽のキモはグルーヴです。

グルーヴとは何でしょう?レコードのみぞ、というのが本当の意味らしいですが、一般的にみなさん音楽をかっこよく聞かせる要素のひとつとして捉えていますね。

要するに、演奏する人物そのものってことですね!

細分化していけばバックビートの位置とか、表現したい音楽の種類によって独特な「型」はありますが、トータルで見ると「いかにグルーヴィに生きているか?」がそのまま音楽に出てきます。

グルーヴするということは、「自分が自分らしくあろうとする」プロセスだと思います。

コピーバンドを組むとしたら、「僕はこのバンドが凄く好きだからコピーしてこの人みたいになりたい!でもなれない!でもがんばってる!だって好きなんだから!で結局楽しい~!!!!」という葛藤と憧れと、でもやらずにゃおれんという気持ち、そんな複雑なミクスチャーがあなたの「グルーヴ」なんですよ!

これって、かっこいいことだと思いませんか?

人生で悩んだり、迷ったりしたら、とりあえず音にぶつけてみるのもいいかもしれません。楽器はそのときそのときの人に寄り添って、その人を表現してくれます。そのときにあなたの音楽は何よりあなた自身を支えて、あなたという人間を外に向かって発信してくれると思います。

凄く漠然としてしまったので、次回は細かいベースのお話をしましょう

(写真は客船の演奏の仕事をしていたときに、バミューダによる機会があり、そのときの音楽祭にて・・・・・)



Mitch 


 

(2009年4月2日(木) 11:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAでの活動。「野性的」と評価された魂揺さぶる演奏をあなたも身につける

Mitchのグルーヴ道場!
中西道彦 (エレキベース)

渋谷・代々木・高田馬場・登戸・立川・新横浜・町田・吉祥寺・国分寺・武蔵小金井・所沢・...

ブログ記事 ページ先頭へ