全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 ゴリさんのベース教室! スクールブログ ベースを買うな...

ベースを買うなら・・・

こんばんわ。

正月ボケがまだ抜け切れていません、オカナガです。


唐突ですが、今回は「どんなベースを買ったら良いか?」を書きたいと思います。


Webなどで見る限り、ベースを買う際の注意点として


「初めての人も初心者セットではなくちゃんとしたベースをかうべき」

「体格にあったベースを買うべき」


という意見が多いようです。


が、あえて私は真逆のことをオススメします!!

「初めての人は初心者セットをかうべし!」

「初心者セットで慣れたら、体格は関係なく次は弾きたい楽器を買うべし!」



まず、「初心者セット」を進める理由は、以下になります。

・必要なものが全部揃っている
・安価である
・飽きたとしても、安価のため後悔が少なくて済む
・安価なのでベースを改造しても心苦しくない(笑)


私自身、最初は初心者セットを購入しました。
金額は、確か2~3万くらいだったと思います。
本体/アンプ/チューナー等一通り揃っているので、演奏はもちろん
チューニングやアンプの操作方法まで練習することができます。
また別のベースに興味を持つようになると、それに似せて家にあったノコギリや彫刻刀などで随分色んな箇所を切ったり掘ったりしました(笑)
そのうち初心者セットのベースで物足りなくなってきたら、
ここで初めてちゃんとしたメーカーのベースを購入すれば良いと思います。

また私は飽きずに続けていますが、(こんなことベースの講師が書いて良いんでしょうか・・・)もし途中で飽きてしまったとしても、元々安価なので、後悔は小さくて済むのではないかと思われます(笑)



Webなどを検索してみると

「初心者セットはおもちゃ同然。やるならちゃんとしたベースを初めから買った方が良い。」

という意見もあるようなんですが、そもそもベースが自分に合うかどうかも分からないのに
はじめから何万もするベースを買うのはリスクが大きいと思います。

ということで、最初は「初心者セット」をオススメします!!



続いて「体格は無視して弾きたいベースを買う」ことを進める理由としては、

・鳴らしたい音がなるから

以外に他なりません。


初心者セットで慣れてくると、次に音色や外見が気になってきます。
当然憧れているベーシストの音に近い音がでるものや、
同じ形のベースが欲しくなるはずです。

本当なら「鳴らしたい音がなって自分の体格にあったベース」を買うのが一番なんですが、
高額のオーダーメイドならともかく、市販品だと中々見つかりません。

私自身がそうなんですが、実はベースを弾くには少々手が小さいんですね。

学生時代、軽音部にいた後輩の女の子と比べたんですが、
その子よりも手が小さかったんです。

それでも6弦ベースを弾いています!
たまに4弦のベースを弾くと非常に弾きやすいです!
正直少し無理してます!!
それでも6弦ベースを弾いています!

それは単純に「6弦ベースを弾きたいから」です!!!


私の場合、初心者セットの次に購入したのが6弦ベースでした。
いきなり2本弦が増えることになるんですが、当時はJIMSAKUの櫻井さんに憧れて6弦ベースがどうしても弾きたくて、買ってしまいました。
そして「買った以上は弾きこなしたい!」とひたすら練習し、手が小さいながらに何とか弾けるようになりました。


ちょっと例えが変ですが、これって

「逆上がりができなかったのが、できるようになった」

のと同じだと思いませんか?

最初は筋力が足りなかったりコツがわからずに逆上がりが出来ないけど、
先生や友達にコツや練習方法を教わって日々練習し、いつか逆上がりが出来るようになる。

これと基本的には同じなんだと思います。

体格に合っていないベースだとしても
日々触り、弾いていれば、弾きやすいポジションや構え方が見つかるし
自ずと弾くのに必要な筋力も付いてくるので、いつかは弾けるようになる。

「逆上がり」と同じですよね?


確かに海外のベーシストは体格も大きいし、手も比べ物にならないくらい大きいので
難しいことも簡単に弾いているように見えます。


でも!

「人間、手は2本/指は各5本。」

は変わらないんですよ!!


なんで、

「あのベーシストのあの音を出したいけど、
手が小さいからあの楽器は弾くのは難しいな~」

と思って

「音を妥協して、弾きやすい楽器を買う」

くらいなら

「手は小さいけど、あのベーシストのあの音を出したい!
あの楽器で同じように弾いてやる!」

と思って

「音は妥協せず、ちょっとくらい弾きにくい楽器を買っても慣れでカバーする」

方が絶対良いと思います!!

 

(2014年1月8日(水) 23:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

テレビで村上ポンタ氏と共演も!6弦ベースを上達したい方は特におすすめ

ゴリさんのベース教室!
オカナガヒロユキ (エレキベース)

南越谷・新三郷・南流山・越谷レイクタウン・小岩・本八幡・北千住・金町・松戸・柏・竹ノ...

ブログ記事 ページ先頭へ