全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 ゴリさんのベース教室! スクールブログ ベース掃除の便...

ベース掃除の便利グッズ紹介

年末も差し迫り、皆さん大掃除などで大忙しでしょうか?

かく言う私もこれから家の大掃除に追われる予定です(汗)


しかし最近は便利になりましたね。

100円均一に行けば、大半の掃除道具は揃います。
今朝ほど近所のDAISOに行ってきたのですが、
もう何でも揃ってて、楽しくなってしまいました!!(笑)


ところで、ベースも当然使っていれば汚れてくるものです。

音楽雑誌などにも掃除の仕方や掃除用具がよく掲載されていますが
雑誌には載っていない、且つ私の経験で「これは便利!」と思った便利グッズを2点紹介します。


・エアダスター
ご存知「強い風でホコリを吹き飛ばす」アレです。
最近ではよくパソコンショップのワゴンなどにあり、
缶に入ったものが主流で、価格は大体1本500円前後でしょうか。

コレのベースでの使い道なんですが、
私のような指が太い男性だと、ブリッジ(弦を固定する場所)の細かいホコリや
弦とボディー(ベース本体)の間のホコリ、またピックアップ(音を拾う黒い長方形の部分)の
根元の細かいホコリなど、どうしても手では届きません。
また、綿棒などで拭きとると、今度は綿棒の綿ボコリが逆に付いてしまったりして
結構面倒なんですね。

この部分を、エアダスターでひと吹きすれば、いとも簡単にホコリを吹き飛ばすことが出来るんです!!


もう1つご紹介!!


・キッチンペーパー(キッチンタオル)
これもご家庭の台所に日常的にあるアレです。
例えば、ネック(左手で弦を抑える部分)の部分を掃除する時、
保湿するために専用オイルを塗ることがあるんですが、その際に非常に便利です!

例えば、クロスなど専用のものを使う場合ですが、
キッチンペーパーに比べて高額になりますし、またクロス自体汚れてきたら
買い換えなければなりません。
また使い始めたばかりのクロスは、中々オイルが染み込んでくれません。

また、ティッシュペーパーを使った場合ですが、
オイルは十分に染み込むので良いんですけど、力をいれて拭いた場合に
ティッシュの破片が残ってしまいます。
同時に、あまり強く力を入れてしまうと、今度はティッシュがちぎれてしまいます。

その点、キッチンペーパーだと
ティッシュより厚手だし、力を入れてもさほどちぎれません。
また汚れたら捨てれば良いし、価格もクロスに比べれば格安です。

あと、フレット(音を区切る鉄の線)を磨く時も同様で、
キッチンペーパーだと力を入れても直ぐには穴があかず、
ダメになったら捨てれば良いので、非常に重宝しています。


ということで、私のベース掃除には欠かせない2点を紹介しました。


こちらを使ってベースを綺麗にして、新しい年を迎えましょう!!

 

(2013年12月28日(土) 14:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

テレビで村上ポンタ氏と共演も!6弦ベースを上達したい方は特におすすめ

ゴリさんのベース教室!
オカナガヒロユキ (エレキベース)

南越谷・新三郷・南流山・越谷レイクタウン・小岩・本八幡・北千住・金町・松戸・柏・竹ノ...

ブログ記事 ページ先頭へ