全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 ゴリさんのベース教室! スクールブログ ぶっちゃけ『お...

ぶっちゃけ『お金』の話・・・

これからベースを始めたいとお考えの方の中で、
恐らく大半が不安に感じているであろう、そう『お金』・・・

「ベースを始めるのに、いくらくらい掛かるんだろう・・・」
「ベースを弾くとすると、維持費でどれくらい掛かるんだろう・・・」

と、様々な『お金』に関する不安があるかと思います。

でもご安心ください!
ここで一気に解決致します(笑)

また、ベースって、実はバンドの中で一番『安上がり』なんだということも
説明しちゃいます!


まず、
「ベースを始めるのにいくらくらい掛かるか?」
について。

私もそうでしたが、最初は雑誌の裏とかに載ってる「入門セット」で良いと思います(笑)
あれなら、本体/ケース/スタンド/シールド(ケーブル)/アンプ/チューナーなど、
一通り揃ってますので「買い忘れ」もないですし、個別で欲しいものがあれば
それはそれで別途安価で購入すれば良いと思います。

また、初心者用に物足りなさを感じたり、欲しいモデルが見つかった場合には
その時にステップアップして欲しいベースを購入すれば良いと思います。

ということで、始めるのには大体2万~3万くらいでしょうか。



続きまして
「ベースの維持費」
について。

一通り「入門セット」で揃っていれば、維持費として掛かるのは「消耗品」になります。
ベースの消耗品といえば「弦」ですね。

ベースの弦は、ギターの弦に比べて格段に太くて丈夫なので、
まず普通に使っていれば切れることはありません。
ただ、切れないからといって何年も同じ弦を使い続けるのは良くありません。

ベースの弦は通常金属で出来ていて非常に丈夫なんですが
ベースに弦を張っている状態はいわば「常に弦が引っ張られている」状態なんです。

いくら丈夫な金属だとしても、年中引っ張られていると、いずれ耐性が無くなり
「ベース弦」だったものが「ただの金属の紐」に変わってしまいます。

そうなると、響きが悪くなったり、音の伸び(サステイン)が無くなり、音がコモったり、弾くのに無駄に力まなければならなくなり、弾いていて楽しくなくなります。

そうなったら張り替えてあげた方が良いんですが、ギターに比べればかなり長い期間持ちます。
(私の場合は大体半年に1回程度です)

で、ベース弦ですが、安ければ1セット1000円くらい、高くて3000円くらいで購入出来ます。

ちなみにギターの場合は弦が細いので、弾いている最中に切れることがあります。
場合によっては張っている最中に巻きすぎて切れてしまうこともあります。
また高音の弦は金属が丸出しなので、サビるのも早いです。
ということで、ベースに比べて頻繁に弦の張り替えを行わなければなりません。
ギターの弦は細いということもあるので、ベース弦に比べれば安いですが
張り替える回数は圧倒的にギターの方が多くなります。


と、ここでギターの話が出たので、ついでに他のパートの「維持費」も書いてみましょう。

まずギターですが、
上記の通り消耗品として弦がありますが、同時にピックがあります。
これは1枚100円程度ですが、激しく弾くとすぐに削れてしまいます。
また小さいものなので結構なくしたりスタジオに忘れたりで、ちょこちょこ掛かります。

あと、ギターの場合には「エフェクター」の費用が結構掛かります。
エフェクターとは、ギタリストの足元に置いてある四角いカラフルな小さな箱なんですが、
要するに「ギターの音色を変える機械」です。
これがないと、ロックギターのような歪んだ音は出ませんので、ほぼ必須アイテムです。
で、これが大体1個10000円くらいはするので、2~3個あればそれだけで2~3万は掛かっています。
ベースにもエフェクターはあるんですが、普通に演奏する分には使いません(笑)

次にドラムですが、
通常はスタジオ常設のドラムセットを使って演奏します。
その中でも自分専用のものとして大体のドラマーが持っているのが
「スティック」と「ペダル」と「スネア」です。

「スティック」はご存知ドラムを叩く棒で、これもかなりの消耗品です。
激しく叩けばすぐ折れるし、折れないまでも削れてしまいます。
そのため、大体のドラマーは常に何セットか持ち歩いています。

「ペダル」とは、バスドラム(ドラムセットの中央にある一番大きな太鼓)を叩くのに必要な
足を使って叩くためのペダルです。
これも硬さや踏み心地などがあるようで、自分にあったものを持参する人が多いですね。
これは正確な値段は分かりませんが、最低でも何万はします。

「スネア」とは、いわゆる「小太鼓」で、ドラムの中で「パーン!」と一番高い音が出る太鼓のことなんですが、これもドラマーの好みがあり、スタジオ常設のドラムセットで叩く人もいれば
自分好みのスネアを持ち歩く人もいます。
これも正確な値段は分からないんですが、恐らくそれなりかと・・・


次にキーボードですが、
正直キーボードってあまり消耗品はないのかな~と・・・
しかし!!!
キーボードの場合「音色」が重要になってくるんですが
この音色を変える(出す)ための、いわゆる「音源」というものがありまして
これが、良い音を出したければ出したいほど高くなります!!
またキーボード本体も、ギターやベースと同等の価格(それ以上)します。


ということで、まとめますと

・ギターは「頻繁な弦交換」「頻繁なピック購入」「エフェクター」に掛かる
・ドラムは「頻繁なスティック購入」「ペダル購入」「スネア購入」に掛かる
・キーボードは「高額な音源購入」に掛かる

んですが、
「ベースは弦だけ」
なので


ベースが一番安上がり!!


になるわけです。

※ボーカルは除きますよ。「楽器の中で」ということで・・・
※私自身ここ最近のバンド活動で一番かかっているのは「スタジオ後の飲み代」です(笑)
※「相当」私の偏見が入っています(笑)ので、あくまで参考程度にお考えください
※ベース以外のパートの皆さん、これをみて気分を害したらごめんなさいm(_ _)m
※ベースだって上を見ればキリはありませんので悪しからず

 

(2013年12月26日(木) 23:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

テレビで村上ポンタ氏と共演も!6弦ベースを上達したい方は特におすすめ

ゴリさんのベース教室!
オカナガヒロユキ (エレキベース)

南越谷・新三郷・南流山・越谷レイクタウン・小岩・本八幡・北千住・金町・松戸・柏・竹ノ...

ブログ記事 ページ先頭へ