サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 楽しく弾こう!ベーススクール スクールブログ 初体験レッスン...

初体験レッスンでした!

昨日は初めて体験レッスンをさせて頂きました!

生徒さんはベース歴3年の方で、ある程度の演奏スキルはあり、ご自分でもバンドをプロデュースしたりしている方でした。

まず、自分の好きなフレーズをメトロノームに合わせて演奏してもらいました。

リズムは正確で、指もちゃんと動いています。

フレーズもセンスがいい。

しかし何かが足りない。

そこで、リズムの捉え方を具体的にレクチャーして僕が実践し、
どの位違いが生じるかを聴いてもらいました。

そして、そのポイントを意識してもう一度弾いてみてもらうと、、、

全然違う!!!

本人も目から鱗の様子でした。

元々ベースラインって、多くのポップスの楽曲では難しい演奏スキルってそんなに必要ないんですよね。(それはちがうと言う人もいると思いますし、そこでベースが簡単な楽器だとなめてもらっちゃうと困るんですが、、、。)

それより、自分が弾くフレーズにどれだけ魂を吹き込むか、どれだけ生きた躍動感を持たせるかが一番のポイントであり、ベーシストの腕の見せ所なのです。

この点を体験させてあげる事ができたのは、僕としてもとても嬉しい事です。

ちょっとした事を意識するだけで、たった1時間のレッスンの間にがらっと変わっちゃうもんです。

「何かが違う」

そんな悩みをもっているベーシストがいたら、
是非僕のレッスンを受けてみて下さい!

 

(2013年11月1日(金) 12:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

21歳からプロとして活躍。歌ゴコロ重視のプレイでゼロ~プロ志望まで歓迎

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

今日のレッスンでは、生徒さんに課題フレーズを基に好きに演奏してもらい、僕がドラムを叩いてジャムセッションをして見ました。 お互いの演奏に反応して音楽を組み立てて行くのが新鮮だったのかとても楽しそうでした。 僕はドラマーではないので僕自身ドラムの練習にもなるし、ドラマーからベーシストがど...

本日のレッスンも楽しかった! 課題フレーズを弾いてもらい、次に僕が弾いてみる。 何かが違うわけですが、何が違うのか? 僕のレッスンで扱う難易度のレベルでは多くの場合技術的な問題ではありません。 何が違うのか気付いた時、その生徒さんが弾くフレーズのニュアンスがガラッと変わります。...

昨日は初めて体験レッスンをさせて頂きました! 生徒さんはベース歴3年の方で、ある程度の演奏スキルはあり、ご自分でもバンドをプロデュースしたりしている方でした。 まず、自分の好きなフレーズをメトロノームに合わせて演奏してもらいました。 リズムは正確で、指もちゃんと動いています。...

グルーブって何ぞや?? ウィキペディアによると *********************************** グルーヴ(groove)とは音楽用語のひとつ。形容詞はグルーヴィー(groovy)。ある種の高揚感を指す言葉であるが、具体的な定義は決まっていない。語源はレコー...

こんちは! 最近基礎練習の大切さを改めて実感している吉田です。 基礎練習といっても、いろんな方法があると思います。 僕の基本的な考え方は 1.ある程度自由に指が動くようにするための練習。 2.長い時間演奏しても疲れないようにするトレーニング 3. 何より、自分の...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ