全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ その他の指弾き

その他の指弾き

どうも、おはようございます(こんにちわ・こんばんわ)。

donでございます。

以前、指弾き(ツーフィンガー)についてブログを書かせて頂きました。

その際に、

「ツーフィンガー以外にもスリーフィンガー、フォーフィンガーというのがある」


と書いたのですが、そこいら辺には全く触れなかったので説明だけ。

どちらも書いて字のごとくで右手の指の数なんですよ。

スリーフィンガーは、人差し指・中指・薬指を使う奏法ですね。

フォーフィンガーは、さらに小指までも駆使して右手すべてを使うのです。

先にフォーフィンガーから触れておきましょうか。

フォーフィンガーに関してですが、これはもう出来る人と出来ない人というのが根本的に分かれます。

人間の手のサイズや指のサイズは人によって様々なんですが・・・

小指が届かないという人もいると思われます。
かくゆ私は届きません。
となりますと、根本的に使えない奏法となってしまいます。

ストラップをかなり上まで上げて右手の肘を曲げて右手を回転させながら?!なら何とか弦をヒットさせることも出来るんですが、プレイするという側面からみると現実的ではないのですよねぇ・・・・

こちらに関しては、身体的な特徴によって出来ない場合もあります。

そして、スリーフィンガーです。

こちらは、薬指までを使っての奏法です。
薬指なら届かないという事はないかと思われます。

しかし、何が難しいというと・・・・

3本で弾くという事です。

4分・8分・16分というのが基本となってくる音符ですよね?
そうなんです、大体の楽曲は「偶数」なんです。
ツーフィンガーだったら2本なんで偶数で対応できるんですけどね、スリーフィンガーになると指が奇数なんで小節の頭ごとに右手の指が変わっていくんですよ。


これがかなり難しくてですね、ツーフィンガーに慣れて基本がしっかり身についてからじゃないと出来ないかと思います。

もちろん3連符とかはスリーフィンガーの方が楽だったりするんですけど。

こういった理屈もあって、指弾きの時に触れなかったわけです。

まぁ、どちらもツーフィンガーが出来るようになってからの進化系なので先に進みたいという方は挑戦してみてもいいのではないでしょうか?

 

(2013年5月16日(木) 19:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ