サイタ音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ 指弾き5

指弾き5

どうも、おはようございます(こんにちわ・こんばんわ)。

donでございます。

さて、ツーフィンガーについて書いてきたブログも今回で一先ず最終回となります。

前回で各弦を滞りなく弾けるようになる練習を提案させて頂きました。

ということで、前回までの練習をクリア出来たとして(笑)

最後は譜割や表現をプラスするという意味合いのテクニックの話になります。

前回言葉だけはお伝えしていました

「レイキング」

というプレイスタイルになります。

今までは、「順番通り」にという事を強調してきたのはこの奏法につながる所でした。

というのも、この奏法は交互に弾くのではなく同じ指で続けて弦を弾くというテクニックだからです。

1つの弦、4弦だけなどといった運指の場合はそこまで意識しないかとも思うのですが他の弦に移行する場合に

「中指で次の音も弾いた方が良くない?」

と思うケースがあったのではないでしょうか?

まさにそういった時に使う奏法なんですよ。

ですが、基本は交互に弾くのがベターです。
それが出来たうえで「選ぶ」というのが一番重要だったりします。


細かい話になるのですが、色んな楽曲を弾いていくと曲の頭からベースが入っていなくてほかのパートが弾き始めた後にベースが入っていくというのもよくあるのです。

例を挙げると、
ギターのみのイントロがあって何小節か後にベースが入っていく。

というような曲ですね。

そういった場合、必ずしも小節の頭から始まる時ばかりではないのです。
小節の頭は休符から始まっている。
とか、
裏から始まるなんて事があったり・・・

結構ややこしい話でありまして、ブログといった文面で伝えるのは難しいものでもあります(笑)

そんな時に、必要となってくるのがレイキングという技術ですね。

人差し指から始めると効率よく弾ききれる。
はたまた、
中指から始めると・・・・

となる曲もあるのですが、この音は「こっちの指で弾く方が・・・」

となるケースがいっぱい出てくるんですよ。

そうなった時に運指の都合上でも、表現の最適性でもどちらの指でも選んで弾き分けられるというのが出来るとかなり楽なんです。

このテクニックも基本的な練習方法は同じで、1つの弦のみを弾く練習から始めて、隣の弦に移る練習もし、弦飛びの練習もし・・・となるんですが、今までと違うのは指の順番を複雑にするという点。

4弦5フレットを弾くとしましょう。

今までは、人・中・人・中・・・・と練習してきたと思います。
レイキングの練習をする場合は

人・中・中・人

としてみたり

人・人・中・人

としてみたりしながら弾くという練習になります。

これが出来ると表現の幅が広がるとともに、今までどうにも弾きにくいなぁ・・・・と思っていた曲がすんなり弾けるようになったりするかもしれません。

非常に簡単ではありますが、一先ずツーフィンガーのブログは今回で終了となります。

わかりにくい点もたくさんあったと思いますが読んで下さった方、ありがとうございました(^_^)/

 

(2013年5月6日(月) 20:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ