全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ 指弾き4

指弾き4

暑くなったり、寒くなったりで気候が安定しませんがいかがお過ごしでしょうか?
donでございます。


さて、前回で弦の移動するところまでを書いてきた指弾きのブログですが、今回は

「弦飛び」

です。

指弾きの醍醐味であり、難易度も格段にアップするのですがこれが出来るようになると基本動作はもう完璧でしょう!!!

弦飛びとは何か?

と思われる方も居られるでしょう。

それは何かと言いますと・・・・

4弦の次に2弦に移動して弾いたりするようなすぐ下やすぐ上の隣り合った弦を弾くのではない事です。

シャッフルだったりダンスビートだったりそういったジャンルではよく使われるオクターブを多用したフレーズなんかによくある動きです。

ソウル系やブラックミュージックなんかではよく出てきます。


これが結構指で弾くとなると難しいんです・・・・


ピッキングが安定しなかったりリズムがヨレテしまったり・・・・

ですが、これをマスターしたならば色んな音楽ジャンルに対応できるようになります!!!


そして、前回まで何度も言っていた

「右手の指の順番」

というのが生きてきます。

人差し指・中指を交互に使うというやつですね。

この動きをマスターしてから弦飛びのプレイを弾く事に意味があります。

これが出来れば次は「レイキング」という指の順番を交互だけにこだわらずプレイに合わせて人差し指・人差し指・中指・人差し指・・・なんて具合に変則的に楽曲に合わせてプレイするという技術にステップアップです。

指弾きの基本動作をマスターする練習に関してだけ言えば、左手の抑えるポジションというのは正直どこでもいいんですが(笑)

オクターブで練習しておくと、色々と後々応用が利きます。

ですので、推奨するポジションは

4弦3フレット、2弦5フレットとかでしょうか。
他のポジションでもオクターブの関係性ならどこでもいいと思います。

これを
4弦(人差し指)2弦(中指)という具合に設定しまして弾いていきましょう。

この運指が出来るようになりましたら次は3弦1弦のセットに移行します。

4弦3フレット・2弦5フレットの後、3弦3フレット・1弦5フレットへ。
この2セットをつなげて弾けるようになれば相当上達しているはずです。

練習していると、「あぁ~こんなフレーズ聞いたことあるわ」と思うほどベタベタなフレーズですから、後々役に立ったりします(笑)

次回は少し触れた、「レイキング」についてお話しまして、指弾きのブログは一先ず終了とさせていただこうかと思います。
では、また次回。



 

(2013年4月29日(月) 19:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ