全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ 指弾き2

指弾き2

どうも、おはようございます(こんにちわ・こんばんわ)donでございます。

前回から指弾きのツーフィンガーについてのお話をさせて頂いてます。

今回は、具体的な練習方法をお勧めしようかと思っています。


まず、右手です。

親指はピックアップに固定します。
ベースによってはフィンガーレストがあったり細かな違いはあったりすると思うのですが、ついてないものが殆どなのでピックアップで統一させて下さい。

まぁ、フィンガーレストはまたちょっと特殊な扱いになるのでそっちに慣れてしまうとついてないベースで弾く時に戸惑ったりすると思うので基本的な方でやっていきましょう。


で、人差し指と中指ですね。

前回も書いたのですが、とにかくこの2本の指が交互に動かせるようになるのが第一目標です。

リズムマシーンを用意して、クリックを鳴らしながら

人・中・人・中・・・・と繰り返し繰り返し練習します。

最初は4弦でいきましょうか。

左手のポジションは開放弦以外ならどこでもいいです。

ここではスピードは必要ではなく、正確に弾けるようになるのが目的ですのでテンポは80~100で。

ピックの時と基本的には同じでまずは四分音符で、4発を

人・中・人・中

と弾いていきましょう。1分ぐらいを1セットにインターバルを入れながら繰り返しましょう。

次に、8分、16分と同じ練習を繰り返しましょう。

これを、4弦から3弦2弦1弦とそれぞれの弦で練習しましょう。

すると、人によっては2弦あたりから

「届かない・・・」

となってくると思うんですよ。

そういった時はピックアップに置いた親指を4弦の上に置いて弾きましょう。

1弦まで余裕で届くで~

という人はこの作業はしなくていいです(笑)

この練習で重要なのは交互に完全に動かせるようになるという点と、アタックがどちらの指でも同じぐらいに弾けるようになる事です。

それが出来るまでひたすら続けましょう。


ここまでが、第一ステップです。

次回はさらに弦を移動する練習になります。



 

(2013年4月15日(月) 20:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ