全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ 指弾き

指弾き

どうも、おはようございます(こんにちわ・こんばんわ)donでございます。

先日、友人に「イベントをやりたいからその時に演奏してくれないか?」

と相談されました。

長い間、楽器やバンド活動なんかをしてるとこういうこともたまにあります。

そして、話を聞いてると

「ある有名アーティストの曲をコピーしてほしい」


という事だったんですよ。

10年以上前のヒット曲だったんでその曲はもちろん知っていたのですが、全く通って来なかったジャンルでした。

普段は主にピックを使用したある程度早い曲を弾いてるんですが、今回頼まれた楽曲は指弾きだったんですねぇ~。

まぁ、ピックで弾いてもいいんですけどね、アーティストさんは指で弾いてる様なので出来るだけ同じ奏法でやりたいじゃないですか(笑)

この話が出た時に、



「そういえば、ブログで指弾きの事について書いたことなかったなぁ~」

なんて思ったんですよ。
というか、まともにレッスン的な内容殆ど書いてないなぁ~と(笑)。

そんなこんなで、今回は指弾きについて書かせて頂こうと思います。

指弾きと一言で言っても、色んな奏法があります。

一般的なツーフィンガーからスリーフィンガー、フォーフィンガーetc...

言葉のとおり、指2本で弾くか、3本で弾くか、4本で弾くかという事なんですが、それぞれに練習しないといけないポイントが違ってくるのです。

私も、指弾きをメインとしているプレイヤーではないもので基本的なプレイ以外は練習中の身なんですが(笑)


しかし、何と言っても基本はツーフィンガーなのでその奏法について書きます。

人によって色々なんですが、人差し指と中指でプレイするのが一般的です。

たまに中指と薬指でやってる方もおられますがその人は器用な人だと思ってください(笑)

指弾きを初めて一番最初にブツかるであろう壁は

「指先の痛み」

でしょう。
意外と効きますwww
最初はなんてことなく弾いてられると思うんですが1時間も弾き続けると豆が出来て水ぶくれに・・・

なりますが、これは試練なんで気合いで乗り越えましょう(笑)

こればっかりはもう人間の体の仕組み上どうしよもないのです。

ただ、あんまり無理はせずにしましょうね。

おそらく1週間も続ければ指の皮が厚くなって物ともせずに弦を弾けるようになると思います。

ベースを初めてから10年以上経つ私でもたまにサボってると水ぶくれ出来たりしますもの(笑)


そんなことはさておき・・・

ツーフィンガーの基本はとにかく順序良く順番に指を出せるか?という事に尽きます。

なので、人差し指から初めて次は中指。
人・中・人・中・人・中・・・・と動かせるように練習しましょう。

いきなり曲を練習してもいいんですが、変な癖がついてしまったりする恐れがあるので、左手のトレーニングとしても使われるような簡単な動きを反復することをお勧めします。

例えば、
使う音は、4弦の1フレットから順に2,3,4を繰り返し弾いてみるなどですね。

ピックだったら何ともなく弾けるものでも指で弾こうとしたら出来なかったりしますから不思議なものです(笑)

それは、やっぱり右手が動きに慣れていなくて意識がそちらに行き過ぎて左手にまで回らないという事なんです。

ピックで弾く時と同じぐらい自然に弾けるようになるまで練習です。
地味で指が痛くて・・・となるんですが、指で弾くあの独特のトーンはベースの醍醐味だったりします。
弾けるようになると格段にプレイの幅が広がりますし、私のように急に弾かなければならなくなった時にも困りません(笑)

次回のブログでは具体的に練習方法を書こうと思います。

それでは今回はこの辺で。



 

(2013年4月11日(木) 20:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ