全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ 続・エフェクタ...

続・エフェクターの話

どうも、おはようございます・こんにちわ・こんばんわ。

donでございます。

先日、エフェクターのブログを書かせて頂きました。
後から自分で読み返してみましたらあまりにも端折りすぎた内容だなぁと思いましたので少し付け加えさせて頂こうと思いました。


というのも、基本的に推奨されるベース用エフェクターの所の説明をしてなかったなぁ~と(笑)


初心者の方や、今までアンプ直しかやってこなかったわ~という人向けに書かせて頂きますので「そんなの知ってるよ~」という内容になるかもしれませんがその点はご了承くださいね。


では、1つ1つ挙げてみようと思います。

1.イコライザー

だいたい最初に進められるのがこのエフェクターです。
なんだかつまみがたくさんついている一見不思議な外見のエフェクターなんですが、音域を細かく自分好みに調整できるというのがメインの機能になります。

メーカーによってさまざまなんですが、Hz毎につまみがついてましてそれを上げ下げして音を作ると。
作るといいますか補正するというのが近いかもしれません。
アンプについてる
ベース、ミドル、トレブルをもっともっと細かく弄れるのがこのエフェクターですね。
これも重宝する時と、迷宮入りする時がある難しいエフェクターだったりしますが(笑)

2.コンプレッサー

これも結構勧められるエフェクターです。
ライブやレコーディングをしだすと音響の方(PAさん)から言われたりすることもあります。

これはどういった機能をもったエフェクターかといいますと、ピッキングの補正です。

エフェクター自身の設定によってその効き具合を変えれるのですが、ザックリ説明しますとピッキングが強くなってしまった時と弱くなってしまった時、その差を調整してくれるというものです。

なので、ピッキングのムラがなくなって聞きやすくなると言われています。
このエフェクターにこだわる方と、自分の技術だけでカバーしてやる!!となる方に分かれる気がします(笑)

個人的には最初の方はこのエフェクターは使わない方がいいと思います。
平たく言うと、上手くなったと錯覚してしまう危険性もはらんだものなんで(笑)

ピッキングが荒れることなく弾け、微妙なニュアンスも自分的にOKなラインまで弾けるようになってから使う方がいいかなぁ~?と思います。
中級者用といったところでしょうか。

3.プリアンプ系

これはなかなか難しいものです。
有名どころでは「サンズアンプ」とか「MXR」でしょうか。

簡単に説明すると、小さい自分のアンプシュミレーションを持ち歩けるようなイメージのエフェクターでしょうか。

ベースとアンプの間に音をシュミレーション出来るセクションを導入する感じですかね。

大型アンプを見るとスピーカとコントロールがついてる部分が分離してるんですけど。
そのコントロール部分を「ヘッド」というんですが、そのヘッドがエフェクター型になったものと思ってもらえるとわかりやすいかと思います。

このエフェクターの利点は、どんなアンプを使っても自分のイメージをしている、自分のいつもの音を出しやすくなるということでしょうか。

まぁ、これもコントロールが結構難しかったりするんですが・・・
非常に強い味方にはなると思います。
ただ、こちらも中級者向けですかねぇ。

この3つが一般的なベース用エフェクターでしょうか。

これらは元の音を調整するもので、極端に歪ませたりする用途では使わない代物です。
ギターのディストーションの様に音自身を変えるようなものではないんです。

この辺の表現は文字では難しかったりするんですが(笑)

なんとなく雰囲気が伝われば幸いです。
レッスンなどでエフェクターの使い方なんかも質問して頂ければ対応しますので興味のある方はよろしくお願いします。

 

(2013年4月10日(水) 21:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ