全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 楽しく弾こう!ベーススクール スクールブログ グルーブのはな...

グルーブのはなし

グルーブって何ぞや??

ウィキペディアによると

***********************************
グルーヴ(groove)とは音楽用語のひとつ。形容詞はグルーヴィー(groovy)。ある種の高揚感を指す言葉であるが、具体的な定義は決まっていない。語源はレコード盤の針溝を指す言葉で、波、うねりの感じからジャズ、レゲエ、ソウルなどブラックミュージックの音楽・演奏を表現する言葉に転じた言葉である。現在は、素晴らしい演奏を表す言葉の1つとして、ポピュラー音楽全般で用いられる。

グルーヴを構成する要素としてはリズムやテンポ、シンコペーション、アーティキュレーションなどが挙げられ、主にリズム体(ベース、ドラムス、パーカッションなど)を対象とした概念である(例:グルーヴィーなドラミング、など)。「ノリ」(乗り)を表す言葉である。ジャンルによって感じるグルーヴは様々で、グルーヴ感の会得は、演奏者にとって必要不可欠な要素のひとつである。
*************************************

とある。

わかるようなわかんないような。。。

確かに説明するのは難しい。

要は、「ノリの気持よさ」の表現として捉えればほぼ良いかと思います。

グルーブについては、ずーっと僕のテーマです。
若い頃は、スゴく悩みましたね。

どうしたら良いグルーブが出せるか。
どうして僕のベースはグルーブがないのか。

自分なりに研究して、ある程度グルーブをコントロールする方法を
見つけはしたものの、やはり未だに僕にとっても課題の一つです。

しかし、以前のように、「悩む」事はなくなりました。

なぜか?

結局、自分のプレイがどんなにグルーブしていても、
他のパート(主にポピュラーミュージックにおいてはドラム)とウマく
融合していなければ意味が無いんですね。
だから、バンドのグルーブのことを考えるときは、他のパートとの関係の向上について第一に考えるようになったのです。

この考えには賛否両論あるかと思いますが、僕はこう考えています。

ではベーシストに最低限求められるグルーブをコントロールする技術って何?

① 正確なタイミングで演奏できること。

② 音符や休符の長さを理解し、演奏できること。

③ 楽曲や他のパートとバランスの取れたフレーズを演奏できる(作れる)こと。

④ ①②③をクリアした上で、タイミングや音符の長さをコントロールできること。(つまり、メトロノームと完全にシンクロしていればOKという訳ではない)

⑤ 何より、演奏することを楽しむこと。

だいたいこんな要素が必要なんです。

①〜④は、会得するのに、結構時間がかかります。
が、⑤については、いつでも、誰でも出来ること。

心地よい音楽を聴いてもらう為には、演奏する側が楽しんでないとダメって事ですね。

僕が考えるグルーブのセオリーはこれだけではないし、ここでは書ききれませんし、文章で理解しづらいのでここでは省きます。

続きは僕のレッスンで体験してみて下さい!

 

(2013年4月8日(月) 16:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

21歳からプロとして活躍。歌ゴコロ重視のプレイでゼロ~プロ志望まで歓迎

楽しく弾こう!ベーススクール
吉田宜夫 (エレキベース)

渋谷・新宿・吉祥寺・西荻窪・武蔵関・明大前・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ