全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 Bo-zu・ベースクリニック スクールブログ サウンドの追究...

サウンドの追究とは

ども!
今でもたま~に
アレ!?Bo-zuにしたの!?
と言われる加山です。。。
Bo-zuにしてまだ半年程度。
中々会わない人には会わないものなんですね。


さて!
今回はベースの音について書きたいと思います。
皆さんは好きなアーティストの曲、ベースパートを聴いてどんな印象を受けるでしょうか?
僕はベースを始めたその昔、ロックバンドが好きだったのですが、アレコレ悩んだものでした。
いわゆる、この人のこの音が出したいのに出ない!
という悩みです。
音はね~本当に一生追究していくものなんでそう簡単には思った音はでないんですよね。


しかし、今はネット環境が充実しているのですぐに調べられます。
この音最高!って思ったら弾いてるプレイヤーを探して、使っている機材を調べれば良いのです。
そして単純に後はお金がモノをいいますね。
全部機材を揃えてしまえばいいのです。
。。。最もここからが苦労するのですが。
子供の時の思い出に1つ悲しい思い出があります。
若い加山君は、コレだ!と思ったベースの音をMDに録音して(笑)
楽器屋さんに走りました。
店員さんに聴いてもらって、何の機材を使えばこの音がでるか教えてもらいたかったんです。
帰ってきた答えは
「わかりません。
若いうちは、機材に頼らないでいい音だす練習したほうがいいよ」
でした。
う~~ん。。。
今思い返してもムカッ腹がたちますね笑
商品を紹介したうえでのアドバイスなら大変親切ですけど。。。これはヒドイですよね。
わざわざ録音したのに笑


音を決める上で大事な要素がいくつかあります。
楽器本体
本体のセットアップ
シールドケーブル
エフェクター
アンプ
そして最後に。。。テクニック
です。

狙った音がある場合、楽器の問題はでかいですね。
例えばジャズベースで
warwick
spector
stingray
等の個性的な音はだせません。
これが好きならこの楽器を使うしかないです。
アトリエやサドウスキー等のサウンドはジャズベースでも工夫次第でいけます。
セットアップもかなり重要です。
弦高が低ければパキパキに
高ければ丸みのある太い音になります。


ケーブル→これはパッシヴのアン直で挑む場合かなり大事なファクターです。
僕はアン直ではないですがこのパターンですね。
オススメは値段的にはカナレかな。


エフェクター→エフェクターの音が好きになってしまったらしょうがない。
サンズに代表されるベードラや、亀田さんのvoodoobassがそれに当たります。買いましょう。このパターンが一番楽ではある気がします。
先程のアトリエやサドウスキーの話ですがプリアンプを繋いでしまえばどうにでもなります。


アンプ→これは僕でも悩みますね~。買えればいいんですがデカイし笑。
現場にあるアンプでいい音ねらいましょ。


テク→超絶テクではなくて楽器をいかに効率よく鳴らすか、という基本的かつ中々難しいテクニックです。
普段口を酸っぱくして生徒さんに伝えるのはこの為です。
いい音を出すため。
これに尽きます。
楽器の信号
エフェクターを通る信号
アンプの出音。
これができてるだけでまったく違います。
是非習得して頂きたいですね。


ちょっと長く、熱くなってしまいましたがまだまだ語りきれません笑
また機会があればお話させてください!

それではまた!



 

(2013年2月27日(水) 16:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~ボカロ曲までサポート歴豊富!パパベーシストが親身にレッスン

Bo-zu・ベースクリニック
加山耕平 (エレキベース)

高田馬場・池袋・御徒町・秋葉原・西船橋・御茶ノ水・水道橋・銀座・葛西・浦安・行徳・神...

ブログ記事 ページ先頭へ