全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 四弦家 tossyのベース講座 スクールブログ ライブ

ライブ

ここ数日寝不足続きで、久々にガッツリ寝ましたtossyです。

人間、睡眠は大事なんですねぇ。
酔いもまわるし、食欲もへるし・・・(笑)(そこか?)


週末は2日間に渡り横浜で今年1発目のライブでした。

リハが終わり、感触はやや不安が。
演奏のクオリティだのとかいうことではないんです。

メンバーも今年1発目で気合が入りすぎて空回りしはじめてました。

しかし、大事なのは気持ち1つ。
カッコよく言えばソウルなのかもしれない。

前にも書きましたが、思いをどう演奏するのか?

ドラムはテンポやリズムを気にし、
ベース、ギターは音色やカッコよさに気をとられ、手元ばかりを見る。

カッコよくフレーズは弾けてても熱がない。

そういうのが少しでも出れば音にきちんと出てしまう。
不思議なんですけど、その時点で楽器も身体の一部と化してるんですよね。

リハを終えた時にそんな音が聴こえていたので、
今日までの気持ち、ライブ中の喜怒哀楽を全員が会場に叫ぶように、
楽器を演奏しようじゃないか?

そんな一言でバンドのグルーヴも本番はいつも通りでした。

初対面の人と話す時、緊張しますよね?
でもゆっくり自分の思いや相手の事をしろうとすると少し楽になる。

音楽も同じだと思いました。

緊張や不安もあるけど、1音1音ゆっくりと身体から出す。

相手に届けるのにはまずこれだと、またライブで実感できた2日間でした。


 

(2013年2月5日(火) 3:00)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ハードロックの重鎮らに師事。楽器選び~グルーヴの秘訣までじっくりレッスン

四弦家 tossyのベース講座
大関俊廣 (エレキベース)

戸塚・藤沢・湘南台・二俣川・いずみ中央

ブログ記事 ページ先頭へ