サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 Bo-zu・ベースクリニック スクールブログ お別れしてきた...

お別れしてきたベースの話③

大学に進学した加山は楽器屋でみかけたkillerのベースに心奪われます。
当時Xの泰治さんを崇拝していた加山に、迷いはありませんでした。
普通に即買い。
実際、一番ステージにたったベースです。


音はさすがによかったですよ!
パッシヴとは思えないパワー感があり、見た目とは裏腹にミドルもしっかりしていて。
大学の部活でJUDY AND MARYや、ブランキー、aiko等をこのベースで弾いたのは非常に良い思い出です笑
ライブハウスでもすごく使われました。


後にも先にも、加山がミディアムスケールの楽器を手にするのはこれが最後だと思います。
しかし、悪くはないですね。
加山も手が小さいし、非常に弾きやすかったです。
唯一の問題は良くも悪くも、その形ですよねぇ。。。


その後、大学を卒業するころにフェンダーのJBを手にするとkillerの出番は減っていきます。
たまたま遊びに来た友達に、どーしても売ってほしい!!
と懇願され弾かないよりは弾いてもらったほうがいいなぁ。。。と思い、旅立っていきました。


このくらいの時から映像や写真や音でベースが残るようになってきますね!


ってか何本買ってるんだろう。。。
恐くなってきた笑

 

(2013年1月18日(金) 14:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~ボカロ曲までサポート歴豊富!パパベーシストが親身にレッスン

Bo-zu・ベースクリニック
加山耕平 (エレキベース)

高田馬場・池袋・御徒町・秋葉原・西船橋・御茶ノ水・水道橋・銀座・葛西・浦安・行徳・神...

ブログ記事 ページ先頭へ