サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 Bo-zu・ベースクリニック スクールブログ ネック、元気で...

ネック、元気ですかーーー!?

はい!
みたまんまの質問
ネック元気ですかーーー!?です。
で。
どうでしょう?貴方のベースのネックは絶好調ですか?
なんか。。。
いいえ!!
って答えがかえってきそうですね笑
ベースをおく環境にもよりますが、大抵のベースは冬に順反りを起こすのではないでしょうか?
それは、気温と乾燥により木材が伸縮してウンヌン。。。笑
の理由でおこります!
詳しく知りたいかたはググってみましょう(無責任ですいやせん!)


さてこの順反り。
メカニズムはとりあえずほっといてどう演奏に支障がでるか。

・弦高があがる
・オクターブチューニングが狂う
・タッチのテンション感が増す
・音ヌケが悪くなる(一概にはいえませんが)
・12f以降がビビる
etc。。。

要はベースちゃんがちょっとおバカになってしまうんですね。
なにしろ弾きにくい。
ん?なんか違うぞ。
って感じたら十中八九、順反りです。
反りの確認方法は
目視が一番お手軽かつ、簡単です。
ベースを垂直にして、ヘッド側からネックのきわを見る。
1弦側が良いでしょう。
ボディとネックの付け根からヘッドにかけてグイーンと緩やかに湾曲していたらそれが、反りです。


この時に弦から離れるように湾曲していたら順反り
逆ならくっつきそうに反っていたら逆反りです。
これを直すには、ロッドのナットに六角レンチをいれて時計回りに適量、回してやるだけです。
逆反りなら反時計周りにです。
しかし、ここで注意が。
大抵、フェンダー系の楽器はリリーフといいまして若干、わざとネックを順反りにしています。
理由としてはこのほうが良い音で弦もビビらないじゃん、という単純なもの。
しかし好み、またはスラップに特化したセッティング等を考慮にいれるとあながち反らせるのが正しいともいえませんね。
ちなみに加山もやや順反りセッティングのほうがシックリきてます。



文章に書くと簡単そうですが、慣れとコツだったりします。
下手するとベースちゃんをぶっこわしかねない調整だったりするのでまずは人のを見たり、動画での確認をオススメします。
できない場合でもご安心を。
リペアショップに持っていけば有償で調整してくれます。
その他、買った楽器屋さんにもっていけば簡単な反りならその場で直してくれます。
最近では、永久無料調整を売りにしている楽器屋さんもあるみたいですね。


あ!
いい事思いつきました!
「可能な範囲内で」レッスン後に私、加山が生徒さんの楽器を無料診断のうえ、無料調整しましょう!
とはいってもネック調整、弦高調整、オクターブ調整くらいしかできないですけど。。。
まぁできないよりはマシかな、と笑
なので、ご希望の方はお気軽にちょっと楽器見てくんな~い?ときいてくださいね。

 

(2012年12月12日(水) 12:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~ボカロ曲までサポート歴豊富!パパベーシストが親身にレッスン

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

僕の釣りの師匠は、加来匠 と言う方で、最近ではご自身でレーベルを立ち上げたり、釣りから離れてアウトドアグッズを紹介したりと、すごい方です。 もちろん、師匠があげている動画を見漁り、自分の肥やしにしてきました。 最近では誠に恐縮ではあるのですが、直接メールを受け取って頂けたり、snsなど...

ご無沙汰しています。 もうすっかり夏ですね。 僕はといえば釣りしたり 企画ライブを開いたり レコーディングをしたり CD発売してたり をしていました。 あ、あと最近は楽器を新調したくていろいろなメーカーのベースに触れています。 passive一辺倒だった僕は、act...

お久しぶりでございます。 時間的に余裕ができましたので体験レッスンを再開いたします! 絶対に上手くなりたい、短期間で上手くなりたい、根気はあるほうだ、自分は不器用だ、 等の方は僕のレッスンに向いているかなー、と思います。 教えるからには真面目に、親切丁寧に、何度でも、そして結果...

昨年度に引き続き、今年度もMVPを頂きました。 正直なところ、一生懸命やっているだけで狙ってもいなければこれといった達成感もありません。 しかし、これだけは言いたい。 こうしてご愛顧して頂けている皆様に囲まれているということが形になった事象に対して、心から御礼申しあげます。 ありが...

前回ライブにお邪魔したのが1月31日。 そして昨日。 JINOさんとお酒飲んできました〜! 自慢ですか?と聞かれれば自慢です! だって憧れの人とテーブルを一緒にするとか考えられなかったですから。 努力は必ず報われる。うん、これ真理。 色んな貴重な話をききました。 その中で...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ