サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 Bo-zu・ベースクリニック スクールブログ ヴィジュアル系...

ヴィジュアル系賛否

もう。。。
Bo-zuについては髪切ってから報告します。
ウニみたくなってきました。。。


さて、今回はヴィジュアル系のお話。
私、加山は今では太った上にBo-zuですが笑
10年前はヴィジュアル系バンドマンでした!
女の子にキャーキャーいわれた時代が俺にもなぁ。。。
というオッサンの定説は飲んだ時にでもするとして。
ヴィジュアル系は10年前とシーンが少し変わってきたように思います。


なにが変わったかといいますと、
ポップになった。
この一言に尽きるのではないか、と思うのです。
僕が現役の時は(ベースは今も現役だよ!)もうちょいコアでした。
それこそ、血糊とか笑
単純に死、闇、夜、暴、とかのエッセンス満載だったと思うのですが最近は明るい人たちばかりで。
いいか悪いかは判断しかねますが、聴きやすくなった事は確実でしょうね。


しかし、ことベーシストに視点を当ててみるとちょっとこのジャンルは工夫が足りないなぁ。。。と思ってしまいます。
アクティブベースにサンズつないでピックでガリガリ。
それが10年間変わらないって笑
皆がみんな、同じじゃつまらないですね。
それはシーン自体がものすごく狭い、というのも原因かもしれません。
逆に狭いから人気が出やすい、というメリットもありますけど。


ちょっとアンチにきこえてたかもだけど僕自身、ヴィジュアル系の音楽は好きでよく聞きます。
ベースラインもロック的なかっこよさでドライヴしてて良いですよね。
私、加山は歳をとり太ってBo-zuになってしまったんで笑
プレべを乱暴に弾いた時のドライヴ感しか持ち合わせていませんが。。
生徒さんにもヴィジュアル畑の方なんかきてくれたら楽しいだろうなぁ、なんて思います。
バッチんバッチん一曲丸々スラップをかます、ヴィジュアル系ベーシストも見てみたいものです笑


これを通して何を伝えたいかというと。
差別無用で沢山の音楽をききましょう、ってことなんです。
僕自身、一時は虫酸が走るほどに嫌ったヴィジュアル系ですが。。。
今ではやっててよかった、と思えています。
ステージの立ち方、特に遠くを見ろ、手元をみるな、って教わったのはヴィジュアル系の時なんですよね。
凄く今の自分の肥やしになっています。
また、ピックで弾けるのもヴィジュアル系のおかげですね。


けれど嫌いなら嫌いでOK。そうしたら、
さらに掘り下げて、何故嫌いなのか?音か?フレーズか?雰囲気か?
まで掘り下げて、原因がわかった時。
きっと成長しています。
嫌いな音楽も聴きましょう。嫌いから学ぶ事も多大です。


真面目に書きすぎてしまいました~。
明日はもっと楽しい記事にしたいと思いまーす。



それではまた!

 

(2012年12月11日(火) 17:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~ボカロ曲までサポート歴豊富!パパベーシストが親身にレッスン

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

僕の釣りの師匠は、加来匠 と言う方で、最近ではご自身でレーベルを立ち上げたり、釣りから離れてアウトドアグッズを紹介したりと、すごい方です。 もちろん、師匠があげている動画を見漁り、自分の肥やしにしてきました。 最近では誠に恐縮ではあるのですが、直接メールを受け取って頂けたり、snsなど...

ご無沙汰しています。 もうすっかり夏ですね。 僕はといえば釣りしたり 企画ライブを開いたり レコーディングをしたり CD発売してたり をしていました。 あ、あと最近は楽器を新調したくていろいろなメーカーのベースに触れています。 passive一辺倒だった僕は、act...

お久しぶりでございます。 時間的に余裕ができましたので体験レッスンを再開いたします! 絶対に上手くなりたい、短期間で上手くなりたい、根気はあるほうだ、自分は不器用だ、 等の方は僕のレッスンに向いているかなー、と思います。 教えるからには真面目に、親切丁寧に、何度でも、そして結果...

昨年度に引き続き、今年度もMVPを頂きました。 正直なところ、一生懸命やっているだけで狙ってもいなければこれといった達成感もありません。 しかし、これだけは言いたい。 こうしてご愛顧して頂けている皆様に囲まれているということが形になった事象に対して、心から御礼申しあげます。 ありが...

前回ライブにお邪魔したのが1月31日。 そして昨日。 JINOさんとお酒飲んできました〜! 自慢ですか?と聞かれれば自慢です! だって憧れの人とテーブルを一緒にするとか考えられなかったですから。 努力は必ず報われる。うん、これ真理。 色んな貴重な話をききました。 その中で...

ブログ記事 ページ先頭へ