全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 グルーヴ・ベース・クリニック スクールブログ ロック・サウン...

ロック・サウンドの節目


グランド・ファンク・レイルロードです。
ずっと前の記事でグランド・ファンクのCDを紹介した事もあったのですが、今回は良い動画があったので改めてご紹介します。

グランド・ファンク・レイルロードはアメリカのロックバンドですが、グランド・ファンクがデビューした1969年以前はロックバンドのシェアのほとんどはイギリスが占めていました。
レッド・ツェッペリンやローリング・ストーンズやビートルズやエリック・クラプトン等。
ジミ・ヘンドリックスはアメリカ人ですが、デビューはイギリスだったと思います。
グランド・ファンク・レイルロードはアメリカで初めてビッグヒットしたバンドだそうです。
今はアメリカン・ロックという言葉は定着している分、グランド・ファンクの功績は無視できません。
あのレッド・ツェッペリンの前座でライヴ出演したら、観客が盛り上がり過ぎたのでステージから降ろされたという話もあります。

グランド・ファンクのベースのメル・サッチャーは、黒いナイロン弦を張って、ピック弾きで演奏します。
「ゴリン」としたモダンなサウンドではなく、「ブンブン」した感じの太い音を出します。
音楽は好みが大きく左右されますので感じ方は人それぞれですが、僕はグランド・ファンクは大好きです。
ベースだけでなく、メンバー全員がカッコイイです!
今回の動画はドラムがやたら目立ってますが。(笑)

 

(2009年6月13日(土) 22:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽器作製するほど無類のベース好き。目指すのは上手くよりカッコ良く

ブログ記事 ページ先頭へ