全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 グルーヴ・ベース・クリニック スクールブログ ロックへの道筋...

ロックへの道筋?


前回の記事にスティーヴィー・レイ・ヴォーンを載せて、「ロックをやるにはブルースを知る事が必要不可欠」というような事を書きました。
なので今回は黒人のブルースをご紹介致します。

マディ・ウォーターズという人です。
この人はブルースマンとしても素晴らしいのですが、ロックバンドの原型を作った人とも言われています。

ブルースは、初期はデルタ・ブルースといって、1人でギターを弾きながら歌うスタイルでした。
弾き語りで1人でステージに立っていたわけです。
しかし次第にハーモニカ等の他の楽器が加わっていきます。
そしてマディ・ウォーターズがピアノやドラムやベース等を加えたロックバンド的なスタイルを作り上げたのです。

今はバンドにドラムやベース等がいるのが当たり前になっていますが、ず~~~っと昔は当たり前じゃなかったんでしょうね。
それを当たり前にしてしまったマディは凄い人です!

今回のマディ・ウォーターズの曲を聴いて、前回紹介したスティーヴィー・レイ・ヴォーンの曲にある、「ブルースの匂い」を嗅ぎとってみて下さい。

 

(2009年5月13日(水) 14:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽器作製するほど無類のベース好き。目指すのは上手くよりカッコ良く

ブログ記事 ページ先頭へ