全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 グルーヴ・ベース・クリニック スクールブログ ベースの役目

ベースの役目


エリック・クラプトンです。
素晴らしい曲ですね。

こうゆう曲はじっくり歌を聴きたいですよね。
そして歌が抜けた時はギターソロを聴いて楽しむ。
こうゆう時、ベースをじっくり聴く人はあまりいません。
しかし、あえて今回はベースが何をしているのか耳を傾けて下さい。

この曲でベースが何をしているのか一言で言うと、「曲を活かしている」のです!
軽いタッチのピッキングで音数も少なめで、歌や曲そのものをカッコ良くしてくれてます。
ベースのフレーズだけを見ると地味でしょうね。
しかしベースは、読んで字の如く「ベース」です!
メインではないのです!
この動画でベースを弾いているのは、おそらくネイザン・イーストだと思います。
ネイザンは曲を活かす事に徹底した演奏をしています。
もっとテクニカルに派手な音で弾きまくる技術は持っている人ですが、それをやってしまったら歌が聴きにくくなり、曲が壊れるのでやりません。

「実は難しい事が色々出来るのに、やらない」
良いベーシストの一つの要素かもしれませんね。
ベースは、広い心と深い懐が必要なパートです。

 

(2009年4月29日(水) 22:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽器作製するほど無類のベース好き。目指すのは上手くよりカッコ良く

ブログ記事 ページ先頭へ