全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 グルーヴ・ベース・クリニック スクールブログ スラップサウン...

スラップサウンドの違い

最近スラップネタが多いですが、やはりベーシストからはスラップの人気が高いようなので、今回もスラップネタでいきます!


まずは最近流行りのニューヨークサウンド。
マーカス・ミラー。

プロアマ含め、沢山のベーシスト達がマーカス・ミラーを参考にしています。
いわゆる、「ドンシャリ」と言われるサウンドですね。


続きまして、ヴィクター・ウッテン。

この人もマーカスと並ぶスラップの名手で人気者。
この動画だと47秒辺りからスラップを始めます。


スラップの元祖と言われる、ラリー・グラハムのスラップ。

スラップはラリー・グラハムが作り出したと言われています。
ニューヨークサウドとは、ノリがかなり違いますよね。
音も図太い感じです。


そしてルイス・ジョンソン。

パーカッシヴなスラップですね。
こちらもラリー級に音が図太いです。


レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー。

こちらも人気のある人ですよね。
ロック系スラップという感じでしょうか。


プイラマスのレス・クレイプール。

こちらもレッチリと同様、ロック系スラップ。


最後にマーク・キング。

元はレベル42というバンドのベーシストでした。


7人とも素晴らしいベースプレイヤーで、それぞれが自分のスタイルを持っていますね。
今回紹介した7人以外にも、沢山良いベーシスト達はいますよ!

スラップはニューヨークサウンドが流行っているようですが、それ以外にも良いサウンドは沢山あるので、色々と聴いてみて下さい!
あ、別にニューヨークサウンドを否定しているわけじゃありませんよ!
流行ってるサウンド以外にも良いものは沢山あるので、聴いてみてほしいだけです!

ところでyoutubeって便利ですね。
もっと早くyoutubeを使ってブログ書けば良かったと思ってます。(笑)

 

(2009年1月9日(金) 16:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽器作製するほど無類のベース好き。目指すのは上手くよりカッコ良く

ブログ記事 ページ先頭へ