サイタ音楽教室ベース教室エレキベース千葉 グルーヴ・ベース・クリニック スクールブログ フレットレスベ...

フレットレスベースの運指

以前このブログで指弾きのピッキングの記事を書きましたが、左手の運指についてはふれていませんでしたね。

今回は左手の指使いについて。
あえてフレットレスベースでの説明をします。


まず、よくあるダメなパターン。

このベースは一見フレッテッド(フレットのある通常のベース)に見えますが、ちゃんとしたフレットレスベースです。
フレットラインが書いてあるだけです。
この写真の押さえ方は、フレットラインに対して指が斜めになってしまっていますね。
これはフレットレスに限らず、やっている人をよく見ます。
フレッテッドのベースの場合だったらまだいいのですが、フレットレスの場合はあまり良いとは言えません。
なぜなら、フレットレスは同じ場所を押さえていても、押さえる指の角度によってピッチが変わってしまいます。
ただ、フレッテッドでスラップをやる場合でしたら、ミュートをする関係上この押さえ方でも大丈夫です。

ではオススメの押さえ方。

これは先程の押さえ方とは違い、フレットラインに対して指がほぼ平行になっています。
こうゆう押さえ方をするとピッチが安定しやすいのです。
そしてもう1つポイントがありまして、それは薬指と小指をセットで押さえるのです。
つまり、人差し指が?だとしたら、中指が?、薬指と小指の2本で?、という感じで押さえるのです。

教則本等を見ると、1フレットごとに指を一本ずつ使うよう書いてある事が多いです。
人差し指が?、中指が?、薬指が?、小指が?、といったように。
個人的には、薬指と小指の2本をセットで押さえるやり方をオススメします。
そっちの方がピッチを安定させやすいと思いますよ。
ハイポジションを押さえる場合は、?、?、?、?、の押さえ方にします。
どこからをハイポジションととらえるかは、各プレイヤーの手の大きさもあるので、大体でいいです。
そこはあまりシビアになる必要はありません。

この薬指と小指をセットで使うやり方は、確かクラシックのウッドベースの弾き方だったと思います。
(クラシックじゃなくても、ウッドベースだとみんなこうやるのかな…?)

今回はフレットレスベースで、という事でしたが、別にフレッテッドベースでも使えます。
僕はフレッテッドでもやってますよ。
そうすれば、フレットレスを弾こうが、フレッテッドを弾こうが、特に違和感なく演奏できます。


色々と説明した後にこう言うのもなんですが、「正しいフォーム」というのは無いので、色々試してみて自分にあった弾き方を見つけて下さい!
大事なのは、うまく弾く事ではなく、カッコ良く弾く事ですからね!!

 

(2008年5月11日(日) 21:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽器作製するほど無類のベース好き。目指すのは上手くよりカッコ良く

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

昔から打ち込み等で楽器の音を出すという技術はありましたが、最近のものはかなり音がリアルになってきてますね。 <iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/32iAPgGJX1k?rel=0" fram...

良いベースって色々ありますが、少ない音数でカッコ良く演奏できるベーシストって素晴らしいですよね。 音数多めでハデにやるのもカッコイイですが、少ない音数でカッコ良く演奏できれば、他のプレイヤー達の自由度も上がりますし、歌がある曲の場合はその歌もより良く聴かせやすくなります。 ベースの音数...

良い教則本を見つけましたので、紹介致します!! すぐできる!女のコのための “超楽々”ベース塾 グルーヴ・ベース・クリニックには初心者の方もよく来られます。 そんな方達のためにピッタリの教則本です! ありそうでなかった、女の子のベース教則本です。 体や手の小さな女...

<object width="320" height="265"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/3M2yib3ecjo&hl=ja&fs=1&rel=0"></param><param name="allowFullSc...

<object width="320" height="265"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/I7IfABOh59E&hl=ja&fs=1&rel=0"></param><param name="allowFullSc...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ