全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 グルーヴ・ベース・クリニック スクールブログ 歌うベースライ...

歌うベースライン


今回は、前回紹介したジェームス・ジェマーソンの代表的なベースプレイの聴けるアルバムをご紹介します。

マーヴィン・ゲイというアーティストの、「ワッツ・ゴーイング・オン」というアルバムです。
アルバムと同タイトルの曲が入ってますが、その曲のベースラインがメッチャ良いです!!
フレーズも音の質感も最高!!
この曲のベースラインは、世界中のベーシスト達がコピーした曲です!!
もちろん、僕もコピーしました!

歌の邪魔をせず、かつ裏メロ的なベースフレーズを弾いています!

曲自体も有名で、多くのミュージシャン達がカヴァーしています。

このアルバムは全体を通して良く、ワッツ・ゴーイング・オン以外の曲もかなり楽しめます!


ちなみにジェマーソンは、指弾きでベースを弾いているのですが、ツーフィンガー奏法(人差し指と中指の2本の指で弾く奏法)と呼ばれる奏法では弾かず、人差し指1本で弾くワンフィンガー奏法でベースを弾いているのです!


指弾きで弾く場合、1本の指で弾いた方が音の粒が揃いやすいのです。
意味も考えず2本指で弾く人が多いのですが、1本指で弾いた方がカッコ良く聴こえる曲は沢山あります。
しかし当然、2本指で弾いた方がカッコ良く聴こえる曲もあるので、曲によって奏法を変える事をオススメします!
まあ、好みもあるので、あまり難しく考えすぎないようにして下さいね。



 

(2007年11月17日(土) 19:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽器作製するほど無類のベース好き。目指すのは上手くよりカッコ良く

ブログ記事 ページ先頭へ