全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 グルーヴ・ベース・クリニック スクールブログ 最強のスラップ

最強のスラップ



今回はルイス・ジョンソンというベーシストを紹介します。
写真のレコードは、ブラザーズ・ジョンソンというアーティストで、写真の右に写っているベーシストが、そのルイス・ジョンソンです。
おそらく1970年代のレコードだと思います。

僕はレコードプレイヤーも持っていて、レコードも聴いたりするのですよ。
レコードはCDと違って音が太く、耳にキンキンこないので、個人的に結構好きです。

話を戻しましょう。
ルイスはスラップが売りのベーシスト。

最近のスラップで有名なベーシストだと、マーカス・ミラーやビクター・ウッテン等だと思いますが、パーカシヴなスラップをやらせたら、ルイスが史上最高だと思います!
図太い音も最高!!

今はルイスはどうゆう音楽活動してるのかわかりませんが…。

ちなみに、たまに、「チョッパーとスラップの違いって何ですか?」と聞かれますが、言い方が違うだけで同じ意味なんですよ。
僕は本当はチョッパーっていう言い方が好きなんですが、スラップという言い方の方が一般的ですね。

ベースやるなら、簡単なスラップはできるようになりたいと思ってる方、多いんじゃないですかね~!?

レッスンに来て頂ければ、カッチョイイスラップを教えますよ~!!
カッチョイイチョッパーも教えます!!
意味一緒か、これ。(笑)
もちろん、それ以外の事も教えます!

最後に豆知識。
ルイスは大阪に住んでた時があるそうです。

 

(2007年10月12日(金) 3:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽器作製するほど無類のベース好き。目指すのは上手くよりカッコ良く

ブログ記事 ページ先頭へ