全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース千葉 グルーヴ・ベース・クリニック スクールブログ 指弾きでの良い...

指弾きでの良い音の出し方!!

ベースを弾いてて、ピックでは弾けるんだけど、指弾きのやり方がイマイチよくわからない!
っていう方、いらっしゃるんじゃないですかね~??

今回は指弾きのやり方、しかも良い音を出せるやり方をお教えしましょう!
この場合の良い音というのは、「太く、低音の出てる音」の事を指します。

まず写真をご覧下さ~い。

不細工な指ですが、お許し下さい。

基本的には写真のように、指先をブリッジ側(ベースのボディのお尻の方)に向けて弾くのが良いとされています。
このフォームは、教則本によく載っていたりしますね。

しかし!!

それだけでは良い音は出ません。

フォームだけキレイだけど、良い音出してない人は結構います~。。

じゃあ、どうすれば太く、低音の効いた音が出るか!?


それは、
「ピックアップに対して、垂直に弦が振動するように弾く」
という事です!


文章で書くとわかりにくいかもしれませんが、ボディに指を落とすように弾くと言うか、弦が縦に振動するように弾くと言うか。。

これはプロのベーシストでも知らない人が多かったりします。

あと、初心者の方で弦を指先でひっかきあげるように弾く人が多いのですが、それだと低音はあまり出ません。

ベースは低音を出す楽器ですからね!
低音が出てないと、醍醐味が減ります!!
しかし!!
しっかりとした低音が出ていれば、何を弾いてもカッコ良く聴かせられるのです!

ギターやドラムと一緒に演奏しても、存在感のある、抜けの良い音を目指しましょう~!!

何かわからない事があれば、質問して下さい!

 

(2007年10月14日(日) 23:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽器作製するほど無類のベース好き。目指すのは上手くよりカッコ良く

ブログ記事 ページ先頭へ