全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース埼玉 ギグベースハウス スクールブログ レイドバック

レイドバック

本来、早い曲より遅い曲のほうが難しい…らしい。オレにしてみればどっちも難しく感じるのだが。

レイドバックは遅く弾くのではなく、多少遅れてゆったり弾くのだが、そのもったり加減がいきすぎると裏拍になりリズムが狂ったりと、えらいことになる。

要は拍を感じながら意識的にその間を縫う感覚で音を遅れぎみに表現することなのだが。

実はどんなジャンルの音楽にとってもこのズレの感性を体得することが鬼門で、西洋音楽を学校で習っていく中には残念ながらその概念事態がないのかもしれない。
強いていうなら2拍3連のような感じとでも言いましょうか?

これに出逢うのは生まれてから音楽と接するようになり、だいぶ後ロックのルーツである黒人音楽に出逢うころになるのです。
その前に日本の心、民謡や演歌に出逢っていれば、また話しは別ですが…ね。

リズムの表裏、レイドバックと突き詰めてゆくと、いろんなリズムの揺らぎや更なる表現がまたまた発見できベースの醍醐味や奥深さにはまることうけ合い間違い無しです。

 

(2012年6月24日(日) 11:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

奄美生まれガレージロック育ち!熱心な研究と指導であなたの人生にロックを

ギグベースハウス
東洋一 (エレキベース)

北朝霞・南浦和・戸田公園・大山

ブログ記事 ページ先頭へ