全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ リズム練習 実...

リズム練習 実践

どうも、おはようございます・こんにちは・こんばんは。

ドンでございます。

前回は「リズム練習にどういうものを使えば効果的か?」という話に終始してしまい具体的な内容にまで触れる事が出来ず・・・だったんですが(笑)

その具体的な内容へと話を進めましょう。

まず、メトロノームやリズムマシーン、ドラムマシーンでテンポを設定し鳴らします。

それに合わせてズレないように弾くのが基本なのです。テンポは100ぐらいがやりやすいでしょうか。

レベルに合わせて難しくしていくのですが、

「まず自分はどこまでイケるのか?」

というのを知らなければなりませんね?!

なので、練習項目を少し作ってみました。

<レベル1 テンポに合わせて1つの音を弾く。>

例を上げますと、
音は何でも良いのですが、開放音意外にしましょうかせっかくなんで(笑)

とりあえず「C」3弦3フレット目を押さえましてクリック音に合わせてひたすら弾いてみましょう。
最初は4分の4でクリックを鳴らし、それに合わせて弾きます。
注意点としては
「時間を決めて継続して出来るようになるまでは出来た事にはならない」

という点でしょうか。

そんなに長い時間じゃなくてもいいんですが、1分とか続けてズレずに弾けないと出来た事にはなりません。
このリズムをキープするというのが以外と難しいんです。

<レベル 2 テンポに合わせて8ビートを弾く。>

レベル1が出来たら次のステップですね。
クリックの音に合わせて弾けるようになったら次はタイム感の練習です。
クリックに合わせて弾くという事は4ビートです。
その倍に挑戦しましょう。

クリックの音と合わせて弾くだけではダメになりますね?!


「チッ、チッ、チッ、チン!」

に合わせて4回だけ弦を弾いていたのが、「チン!」のアクセントが来る前に8回弦を弾かないといけないんですね。

早く弾き過ぎてもダメだし、遅れると次の小節に入ってしまうのでドンドンズレていきますよ~(笑)

これも1分などと時間を設定して練習します。
意外と難しいですよ~、同じ音を弾き続けるだけでもタイム感がしっかりしてないとズレますから。

これが出来ると次の段階ですね。

<レベル 3 リズムに合わせて運指。>

今度は左手も動きます。
レベル2までが出来るという事はリズム感とタイム感が養われたという事です。
それを活かして次は左手を動かしてより実践に近い練習です。
まずは左手の練習も踏まえまして・・・

4弦の1フレットから順に、2、3、4、とクリック音に合わせて弾きましょう。

この時

1フレット → 人差し指
2フレット → 中指
3フレット → 薬指
4フレット → 小指

というのはルールとします。
人差し指を動かして弾くのはNG。

よく1~4フレットで弾けない人は3~6フレットでもイイですよ~

といった事を言われたりしますが、1~4フレットで練習した方がいいと個人的に思います。

見れば一目瞭然ですが、1~4フレットは最も間隔が広い部分です。
そこを4本の指で弾くというのは左手のストレッチも兼ねているのですよ。
これを早いうちからしてると人間の体は不思議なもので開くようになってきます(笑)

ここがOKになるとそれ以外のフレットは簡単にイケます(笑)

左手のストレッチとリズム練習の複合です。

これも1分とか時間を決め練習しましょう。


あまり一気に書いてしまうのもアレなんで、今回はこれぐらいにしておきましょうか。

さらに次のステップは次回という事でお楽しみに(笑)


 

(2012年6月18日(月) 20:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ