全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ チューニング

チューニング

どうも、おはようございます・こんにちわ・こんばんは。

donでございます。

さて、前回はピッチ調整などベース本体のメンテナンスについて書きました。
次はチューニングについて書こうと思います。

チューニングの作業というのは基本的にチューナーに繋いでペグを回すだけの事なのでその点については何も書く事は無いのですよ(笑)

今回はチューナーや周辺機器をからめつつ書いていこうと思います。

チューナーは各メーカーから色んな機種が発売されています。

アナログメーターがついてるもの、フットペダル式のもの、ラック式のものetc・・・

これらはグレードや値段の違いはありますが、それぞれに用途によって使い分けるものであり良し悪しというのは無いのです。

ヘッドに挟んでつけるタイプのものでもなんでも最近の機材は昔ほど酷いものは無いので(笑)

みなさんもチューナーをお持ちだと思うのですが、

音叉はお持ちですか?

だいたい500~700円ぐらいで楽器屋さんには必ず置いてあると思うのですが。

チューニングメーターという機械が開発される前はもっぱら音叉が使用されていたのです。


これが耳を鍛えるのにかなり役立ちます。

音叉は「A」の音を出すので3弦の開放の音と同じです。

3弦をまず合わせるとエレキベースの構造上全ての弦のチューニングを合わせれます。

これは耳コピと同じ方法なんですよね。

チューニングを機械に頼らず耳コピですると。

これに慣れてくると、大まかにならチューナーにつながずとも合わせられるし、弾いていてチューニングがズレたら気付きやすくなるという。

耳コピとか経験が長くなってくると自ずと出来る様になってくるのでしょうが、最初の内からたまに音叉を使ってチューニングするトレーニングをするのはお勧めです。

かなり耳を鍛える練習になります。

練習方としては、音叉でまずチューニングをしてみてその後チューナーにつないで答え合わせをすると。

時間がかかるのでメンドクサイなぁ~と敬遠しがちになる地味な練習なんですけどね(笑)

これを早いうちにやっておくと後々活きてきます。

機会があれば試してみて下さいね~。

 

(2012年6月11日(月) 21:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ