全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ 意外と重要メン...

意外と重要メンテナンス

どうも、おはようございます、こんにちわ、こんばんわ、ドンでございます。

今日は我がバンドの練習もありこんな深夜のブログ更新になってしまいました(・_・;)

さて、今回はメンテナンスに焦点を当ててのブログとしようかと思います。

チューニングするにもプレイするにも影響を及ぼしてくるメンテナンス。

長い間エレキベースを弾いている人でも意外と知らない&疎かにしがちなメンテナンス。

そんなに難しい特殊技術がいるわけではないのでめんどくさがらずやるとプレイ面での問題もあっさり解決したりすることもあるものです。

リペアに出す前に一度試してみるのもイイかもしれない事もあります。

初心者の方は是非とも読んで欲しい。
ベテランの方は再確認で。
そんなのはいつもやってるよ!!!という方は読み飛ばして下さい(笑)

色んな種類のベースがあるのですが、どのベースにも必ず付いているブリッジ。

これをちゃんとメンテナンスしてるかどうかは重要なのです。
チューニングにも影響します。

よく本などで目にしたりする

「ピッチ調整」

という言葉。

知らない人は少ないのですが、結構理解していない人が多かったりします。

長年プレイしている人でもこの辺があいまいな人も今まで結構な人数出逢って来ました。

これは何かと言いますと・・・

チューニングを完璧に合わせる為の作業

なんですね~。

ブリッジを見て貰いたいのですが、今回写真は一般的なスタイルのを載せてみました。(1枚目の写真)

上から見た写真なのですが、まず注目して欲しいのは

サドル

という部分。
弦のテンションをかける重要なパーツです。

ここはおおよそのタイプで細い六角レンチで稼働させれるようになってるかと思います。
このパーツは弦の高さとピッチを調整する為のパーツになります。

まずは弦高と言われるモノの調整。
テンションという言葉でも表現されますね。

単純にこのサドルを低くすると弦高が低くなり、高くすると高くなるんです。

どちらにもメリットはあるんですが、やり過ぎるのは良く無いので(笑)
自分で弾きやすい高さに調整してみて下さい。

この時に注意するのが

サドルのアーチ

です。傾斜ですね。
賛否両論あると思うんですが、構造上サドルはボディと水平になるように調整するのが一般的なんです。
ネックの指板にもタイプがあって、フラットのタイプとアーチがかかっているタイプがあるのです。
フラットのタイプはいいのですが、アーチがついてるタイプ。
よく「ブリッジ側から見て指板のアーチに沿うようにブリッジを調整するものだ」と思われている方がいるのですが、それは辞めた方がいいです。

弦の安定性が悪くなってズレるという危険性とチューニングが狂いやすくなるという危険性が発生する可能性があります。

まぁ、弦が溝から外れる程傾斜をつける人もそんなにいないとは思うのですが(笑)

先程少し触れた弦高の良し悪しについて書いておきましょう。
<低くする場合>
メリット→テンションが下がりフィンガリングしやすくなる。
     低いチューニングにも対応しやすい。 
デメリット→低いフレットで弾くと弦がビビる。
      ピッキングのアタック感が下がる。

<高くする場合>
メリット→どのポジションで弾いてもビビりが出にくい。
     ピッキングのアタック感が出しやすい。

デメリット→テンションがかかってフィンガリングに負担が出      る。
      ネックやボディに負担がかかりやすくなる。

といった所でしょうか。
主にそういった傾向があるという話で極端にしない限りそこまでの弊害は無いので、自分の好みで問題無いのですがたまに友達なんかに弾いて貰って意見をもらったり楽器屋さんに持って行って意見を貰うのは有意義ですよ(^O^)/

続きましては、サドルの前後調整ですね。
これが「ピッチ調整」です。

2枚目の写真にあるように弦を止めている所ボディの一番端の部分です。
ここにネジがあると思います。プラスなのかマイナスなのかはたまた六角なのかはモデルによって違いますが大体はプラスネジがついてると思います。

これを回してサドルを前にしたり後ろにしたりするんです。

これがピッチ調整です。

何故、これをしないといけないか?!

なんですが、この作業をしてない場合・・・

解放弦でのチューニングが合っていたとしてもどこかのフレットで押さえて弾いた音がチューニングのズレた音になるという・・・

結構シビアに聞かないとそこまでわからない程度のズレが殆んどなのですが、あまりに調整をせずにほっておくとどんどんズレて解放弦のチューニングが合いにくくなったり弾いていて欲しい音が出無くなったりするのであなどれません。

本題の調整方法ですが、2枚目の画像のネジを回すだけです。

まず解放弦のチューニングを合わせます。
そして次に12フレットでハーモニクスを出します。
ハーモニクス出来なければそのまま押さえて貰って結構です。
構造上、解放音と12フレットの音はオクターブ違いで同じ音になる筈なんですが、これがズレているという事はピッチがズレているという事になるのです。


このズレを無くすのがピッチ調整です。

解放音よりも高い場合は右にとか低い場合は左に・・・・

というのがあるんですが、慣れるまではどちらかに回しながらチューニングメーターとニラメッコで構いません(笑)

解放音と12フレットの音がピッタリとあったら次の弦へ・・・
という形で全部の弦を合わせると完了です。

これをやるだけで全然違いますし、耳もよくなるかと思います。
やっぱりチューニングの安定しない楽器で弾き続けても耳が育ってくれないんですよね・・・

軽視しがちですが結構重要だと思います。

このメンテナンスの頻度なんですが、1度合わせるとそこまで狂う事は少ないと思うんですが、弦を交換するたびに調整する癖をつけると良いんではないかと思います。

ピッチ調整された状態に慣れてくると弾いていて気持ち悪くなると合わせるようになると思うのですが、弦交換の時についでにやると手間が省ける気がします。

弦交換の話が出たのでついでに。
指板の手入れ。
これは弦を外した状態でするので、これも弦交換の時にするのですが。
弾き終わったらクロスで拭くと思うんですけどね、どうしても指板に汚れとかが溜まってくるんです。

コレを落としてやるのと指板も木なんでそのメンテナンスをしてやると。

一般的には黒い系の木材だけで良いとされているのですがこの際木材の質には拘らずやっておくといいんじゃないかと思います。

木材なので手入れをせずにほっておくと乾燥なんかで最悪割れたりヒビが入ったりするのです。

それを防ぐためにオイルを塗り込むんですね~。

有名なのがレモンオイル(画像3枚目)後、オレンジオイルなんかもあります何種類かあるのでわからなければ楽器屋さんに聞けばスグに出してくれると思います。

コレを指板にクロスに漬けて塗り込んでいくといいんです。
するとアカとか汚れもついでにとれると思うので一石二鳥です(笑)

注意点としては

フレットにつかないように


でしょうか。
フレットは金属なんで曇りが出たりさびたりしやすくなると言われています。
が、そこまで神経質にならなくても大丈夫かなぁ~と個人的には思います。

そして一通り塗り終わったら乾燥するまでまって新たに弦を張れば終了です。
乾燥にはそこまで時間はかからないと思います。
あんまり量が多いと色が剥げたりとか弊害もあるので塗る量は気をつけましょう。

このオイルでボディも拭くとキレイになるんですけど、こちらも塗料によっては溶けたり剥げたりすることがあるそうなので慎重に裏面とか目立たない所で試してからする様にとオイルの注意書きに書かれてますのでその辺は自己責任でお願いします(笑)

こうやって指板もメンテナンスするとフィンガリングがしやすくなる気がします。

後は、楽器が長持ちして音が育つという利点もあるでしょうか。

何より自分でメンテナンスしてると愛着が湧きますものね。

最近なんか弾きにくいなぁ~とか汚れてきてるかも・・・と思っている方は一度試してみて下さい~!!!

     

意外と重要メンテナンス意外と重要メンテナンス意外と重要メンテナンス

(2012年6月7日(木) 2:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ