全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ 貸し出せるエレ...

貸し出せるエレキベース紹介3

いよいよ第3弾です。

前回のブログの終わりに

ボディタイプによっても色々と違いますよというような事を書いたのは今回に繋げる為であったりします(笑)

Gibson Thunderbird-4

を紹介しますので(笑)

言わずと知れたGibsonの代表的ベースです。
このベースに関しては正直、初心者の方にはお勧め出来ません(;一_一)

「自分のベースは持っていて、変形を使ってみたいんだよね~」

というような方にお勧めかと思います。

その辺は追ってお話しするとして・・・例にならって仕様の説明しますね。

ボディ形状は見て解る通り変形タイプです。
が、変形の中では外見よりも安定しやすいのですよ意外に。
PUはハムバッカーが2基搭載でコントローラーは2ボリューム、1トーン。

という事なので、回路自身はJAZZBASSに似てますね。ただ、JAZZBASSはシングルが2セットなんです。
このベースは正直コントローラーのバランス云々・・・というよりも

「全てのノブをフル10にする!!」

という使い方をするモノの様な気がしています(笑)

そして、ネックはスルーネック仕様。
ボディとネックが同じ木で一体化しているタイプです。

個人的にスルーネックというのに非常に強い憧れを持っていたんですが・・・使ってみると・・・

「まぁ、ケースバイケースで良し悪しやなぁ~」

と思いました(笑)

憧れや、好きなアーティストが使ってるなどなども重要なファクターなんですけど、自分のやる音楽や環境によって選ぶのが正しいんじゃないかなぁ~と思います。

スルーネックやセットネックは、輸送や管理にかなり気を使います。
ボルトオン(ネジでとめてるタイプ)だと最悪折れたとしてもネックを変えれば済むんですけどね、スルーネックはもう再起不能ですし、セットネックに関しても折れ方が悪いとアウトなんですよねぇ・・・

その辺から気を使います。

演奏中も

「どっかに当てて折れたら・・・」

というのがよぎる時もあります。

ボディ形状がいわゆる標準のジャズベースやプレシジョンベースと比べると長く、ヘッドも大きいので全長がかなり長くなるんですよ。
だから演奏中も周りをいつも使ってるベースよりも気にします(笑)

演奏面でですが、このベースの問題点は

とにかくテンションが強い

という所でしょうか・・・
色々な要素がからんでの事なんですけども弦のテンションがとにかく強くて押さえるのに力がいります。

テンションが強いというのはマイナス面だけではないんですけど、ピッキングしやすいとか音がクリアに出やすくなるとかあるんですけども、ある程度調整が可能というのがベストですよね。

ですが・・・こいつに限って言いますと、テンションを最弱に下げても強いんですよ(笑)

慣れとかもあるとは思うんですが。

後は、なんと言ってもボディ形状でしょう。
ジャズベースやプレシジョンに代表されるいわゆる普通の形ってのはかなり計算されたデザインで、ストラップをかけて立ってみてもヘッドが下がるという事は無いでしょう。

しかし、変形系はどうしてもバランスが悪くなりやすく・・・ストラップをかけて立ってみて左手を放すとヘッドが下がるという症状が出るんですよ。

そうなると、左手で常に支えながら弾くという作業が出て来ます。(慣れると気にならなくはなるんですが)
これが初心者にとっては結構至難の技だったりします。

Thunderbirdはストラップピンの位置、ネック側(上側)に工夫があってそれを多少は改善してるのですが、やはり通常のボディタイプのモノよりもバランスは悪いです。

こういったボディタイプのモノはとにかく気合で慣れるというのが必要になってくるので、よっぽどのコダワリと愛情が無いのでしたら使い続けるのはシンドイんですよ(笑)

音に関しては

ザ・Gibson

という感じで太くてモコッブリッとした音が出ます。
ハードロックやメタル系の人がよく使っているのはこの辺が由来するのでしょう。

もちろん見た目も大きいでしょうけどね(笑)

「変形を買いたいから一回試奏させて~」

とか

「試しに弾かせて~」

といった要望も頂ければ全然OKです。

ただ、初心者の方にはお勧めできません(笑)




貸し出せるエレキベース紹介3貸し出せるエレキベース紹介3貸し出せるエレキベース紹介3

(2012年5月26日(土) 20:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ