全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ドン・エレキベース教室  スクールブログ 貸し出せるエレ...

貸し出せるエレキベース紹介 2

第1弾に引き続き、レッスン時にお貸しできるベースの紹介第2回です。

前回は私のメインベースをご紹介致しました。
が、少し仕様が特殊な部分もありますので今回はとにかくスタンダードなアイテムという所で

Fender U.S.A(?)JAZZ BASS

をご紹介です。

何故Fenderの後ろに(?)が付いているのかなのですが、実はこのベースは中古で購入したモノなんですね。

で、お店の方曰くなんですが

「ネックを交換した形跡があるから、ひょっとしたらネックだけがFenderの可能性があります」

との説明を受けたんですよ。

だから、「恐らくFender」という扱いになります(笑)

これに関しても、かなり優等生タイプのベースですね。
ただ、第一回で紹介したsterlingに比べるとやはりパッシブ回路という事でパワーは若干ですが劣ります。

そういった意味でメインベースにしていませんが、この2本にパワー以外の差は殆んどありません。

アンプや環境がわかっている場所での演奏ならこのJAZZ BASSも全然メインに引けをとらないポテンシャルで活躍してくれます。

音に関してですが、ドンズバなJAZZBASSなところもありつつさらに前オーナーさんがかなり弾きこんでいたんでしょうか太くてエッジの効いた音作りも可能です。

そしてコントローラー系ですが、かなり技モノであったりします!!!

JAZZBASSというのは

「2ボリューム、1トーン」

の3ノブ式が主流だと思うのですが、このベースは

「2ボリューム、2トーン」
です。

なので、多彩な音作りがボディ側でも可能となります。

この点は結構デカイです。
フロントとリアのピックアップのMIXをトーンも調整出来るのは中々便利です。

この変わった回路もFenderに(?)がつく一因だったりもします(笑)

あまり知られていないのですが、FenderのJAZZ BASSは数年間だけこの2ボリューム2トーン形式で作っていた事があるんですよ。
その後に今の3ノブ形式に落ち着いたと。

同じような仕様にLAKELANDというブランドがあるんです。

「ひょっとしたらそのLAKELANDにFenderのネックを修理で付け替えたのでは?」

という疑いを楽器店の方は持たれているようでした。

しかし、他の付属品であるブリッジカバーやピックカバー、ハードケースは全部Fender製だった事を考えると素直にFenderじゃないかなぁ?!と個人的には思っています。
ちなみにプロフィールの写真に写っているベースがこれです。
ブリッジカバーとピックカバーは外して使用しています。

どこのブランドにしろ、とにかく音がいいので私はかまいません(笑)

このベースのいい所はとにかく全てがスタンダードといった所でしょうか。
初心者の方にはこちらは特にお勧めですね。
ネックの太さや長さ、ボディの大きさなどなど、全てにおいて標準サイズです。

このベースを基準として練習されると、後々色んなタイプのベースを弾く事になっても順応出来るのではないかと思います。

個人的に思っている事ですが、1番初めにショートスケールやミディアムスケールといった特殊なベースを選ぶと後々意外と苦労する事があります・・・

逆は特にこまらないんですけどね。
またボディ形状についても同じ事が言えます。

その件については次回の第3弾で書きます~。

貸し出せるエレキベース紹介 2貸し出せるエレキベース紹介 2貸し出せるエレキベース紹介 2

(2012年5月25日(金) 20:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

神戸3大音楽祭の1つ・新開地音楽祭に出演!チューニングなどゼロからOK

ブログ記事 ページ先頭へ