サイタ音楽教室ベース教室エレキベース埼玉 ギグベースハウス スクールブログ サザンロック

サザンロック

ロックやるからにはサザンロックやってみよう。

我々バンドマンが一度はやってコケたおしたジャンルがまさにこれじゃないでしょうか?
演奏することにはそれほどの能力はいらないが、何故かあの雰囲気にはほど遠い?
きっと何年経ってもアメリカの人が喋る日本語と、我々日本人が喋る日本語との差みたいなもんでしょうが。

あの南部の街の空気間や泥臭ささがでない。きっとそこに生まれ育ち感じ生きてきた者じゃないと分からない、きっとそういう部分があるんだとそう思う。

言語、文化や宗教など、歴史、時代背景いろんな事柄が絡り産まれた音楽には、本物の脅しと迫力がある。到達出来ないジレンマは我々日本人がもともと日本人であるゆえの大きなズレや捉え方の違いなど数えたらきりがないが、ゆえに尚更なる羨望の気持ちかまた駆り立てられてしまうのでしょう。

ロック生誕がイギリス、アメリカならばやはりルーツである本物を勉強する意味でももっと聴く必要があるのかもしれない。
バンドマンよ一度はサザンロックに系統し、ロックのルーツを研究してみよ。

きっと何かしら得る事があるはずである。
とりあえずは、
レナードかオールマンでも聴きやがれ!

ってな感じです。

 

(2012年5月22日(火) 2:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

奄美生まれガレージロック育ち!熱心な研究と指導であなたの人生にロックを

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

これは現実の人生なんだろうか それともただのファンタシーだろうか 地滑りに巻き込まれたように 現実から逃れるすべはない 目を開けて空を見上げてごらん、見えるだろう僕はただの哀れな少年でも、同情はいらない だって僕は流れ行く根無し草のようなものちょっと高くなったり、低くなったり...

ペンタトニックは従来ブルースに使われる音階で、ちょっとギターをかじった人であれば誰にでもすぐ弾ける音階スケールです。 ダイヤトニックとの差違はといえば、Aキーでいうとルートから差して3音目が半音落ちのCで、7音目の音が半音落ちのGになります、7th音階スケールの色合いがかなり克服なる感じ...

戦後日本の歌謡曲史は黎明期。洋楽の影響をうけ多くの名曲がうまれました。そのなかで後にも先にも唯一アメリカのビルボードで日本初信曲はじめてトップを飾ったあの名曲がうまれました。 いうまでもない米曲名「すきやき」、上をを向いて歩こうです。 アメリカンポップスを下地に軽快にスゥイングするリズ...

音痴とは、正しい音程で歌を歌えない人をいいますが…、 これとは別にリズム感が悪かったり反応が鈍い人のことを拍痴といい、実際のとらえている拍感と表現する音にズレがあり、ズレのタイミングをとらえられない人のことをいいます。 拍痴(ぱくち)といって語源的には日本語にはない言葉らしく、その...

全てのベーシストの中から、これほど歌い弾きまくる事に長けたベーシストを他に知らない。彼のどの曲を聴いてもその完成度の高さ、完璧さに驚かされる。 ジャック・ブルースあのクリームのベーシスト。 ギター、クラプトン。ドラムス、ジンジャー・ベイカー。ロックの王道3ピースバンドの最高峰です。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ