全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 GROOVE BASS スクールブログ ベーシストの役...

ベーシストの役割について

久しぶりに、というかスクール紹介以外での記事は初なのではないでしょうか^^;

このブログではスクールの生徒さんや、これからベースを始めようと思ってる方に向けて、今後自分なりの音楽観をつらつらと書いてみようと思います。
受け止めるもよし!聞き流すもよし!気になる箇所だけチェックして皆さんのベーシスト人生に役立てて頂ければと思います。

まず、最初の記事は!すでにタイトルにてネタバレしていますが、、「ベーシスト」についてです。
学生時代にジャンケンで負けた人が担当する楽器ではありませんよ(笑)悲しいことに良くある話ですがw

本題に戻り、ベースと言う楽器は単純に言うと低音のフレーズ&リズムを担当しているわけですがバンドスタイルにおいて一番大きな役割は何といっても曲の抑揚を担っている部分だと思います。勿論、他の楽器も要素はあるのですが、野太い説得力のある音域だけに曲の進行方向を位置づけやすいのではないでしょうか。
少し小難しい話しになってしまったかもしれませんが、今後バンドにて演奏する機会があれば、意図してリズムを崩してみたり、曲の盛り上がりに合わせて強弱をつけてみて下さい。今までとは違った曲の印象を体感できるのではないでしょうか。



 

(2011年11月11日(金) 10:11)

前の記事

この記事を書いたコーチ

映画音楽やアニメーションのレコーディング参加も。幅広いジャンルが魅力

GROOVE BASS
岡田光馬 (エレキベース)

渋谷・溝の口・自由が丘

ブログ記事 ページ先頭へ