全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース埼玉 チカラ★ロックベースラボ スクールブログ ピッキング

ピッキング

今日は、ピッキングについて書こうかと思います。

近年、指弾きのベーシストが多いと思いますがピック弾きのベーシストも健在です(笑)

でも、たまにピッキングに変な癖がついたベーシストをライブなどで見かけます。。。


いわゆる、弦に対してピックを平行に当てずに弾く癖です。


これって、ベーシストには致命的な癖でもあり1度その癖がつくと中々治らないんですよね。


確かに、弦に対してピックを斜めな感じで弾くのは腕が疲れにくいから楽です!

が、しかし。

音はちゃんと出ません(-_-;)


音が無意味に潰れたり、音が強くなったり弱くなったりします。


こうなっては、バンドアンサンブルでのボトム感すら気持ち悪く聴こえます。



ですので、ベースを心地良くピックで弾く時は弦に対して平行で弾くのが理想ですね☆


特に初心者の場合は、慣れるまで手や腕が疲れやすいですが右手の力の抜き方と入れ方のコツを覚えてしまえば心地良くベースが弾けます。


これ、ちゃんとマスターしとけば曲によってリアで弾いたりセンターで弾いたりネック側で弾いたりとニュアンスも自由自在になりステージングの幅も広がります。


もう一つとして、早い曲でもフルダウンピッキングで弾けるようになります♪


これは、あくまで僕自身の主観なんですがルート弾きで抜群のノリを出すにはダウンピッキングに限りますね!


逆にフレーズを弾く時はオルタネイトピッキングが良いです!



弦に対して平行にピッキングが出来れば指弾きに負けないぐらい、奏法の技が身につくと思います。


今回の記事、何かの参考になってくれてたら有難いです。



               でわでわ(^^)

 

(2011年8月20日(土) 14:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某楽器メーカーのモニター契約アーティスト!国内ライブは300以上

ブログ記事 ページ先頭へ