音楽教室ドラム教室東京 森ちゃんのドラム教室 森裕迪コーチへインタビュー

森裕迪コーチへインタビュー

Q1ドラム初心者へメッセージをお願いします!

森ちゃんのドラム教室

ドラムを始めてみたい!でも、何から始めればよいか分からない...手足をバラバラに動かすなんてとてもできない...この年になってドラムなんか始めても...そもそも何か物事が続いた試しがない…

ご安心ください!必ず叩けるようになります!いえ、必ず叩けるようにお教えします!!

私はレッスン時に、以下の3つの約束をお守りし、皆さんのドラム上達のお手伝いをします。

【その1 講師がしっかりとデモンストレーションを行い、ドラムのカッコよさ、楽しさを毎回のレッスンでお伝えします】

ドラムのレッスンがつまらなくなる原因として、毎回のレッスンがテキストを進めるだけになってしまう、ただ自分の演奏を注意されるだけで先生が演奏してくれない、というものがあると思います。私のレッスンでは、講師の私自身が必ずデモンストレーションを行い、初心者の方にはドラムの楽しさ・カッコよさをお伝えし、中上級者の方には難易度の高いフレーズや応用フレーズもお伝えしていきます。ドラムはとにかく楽しくカッコいい!難しいフレーズもカッコよく!この気持ちこそが実は上達に1番必要なものであり、私自身日々練習に励み、皆さんにしっかりとお伝えしていきたいと思っています。レッスンに飽きることがなく、毎回のレッスンでドラムが楽しい!と感じていただけると思います。

【その2 感覚的なレッスンをしない。しっかりと納得がいくまでコーチします。】

ドラムは良くも悪くも叩くだけです。したがって、練習も他の楽器に比べて、どうしても感覚的になりがちです。しかしながら、感覚だけで練習をしていると「スティックを交互に動かすだけなのにどうして早く叩けないのか」「どうして叩くだけなのに音がこんなに変わってくるのか」「憧れのあのドラマーと同じフレーズを叩いているのに全然カッコよく叩けない!」といったようなことによく悩まされます。実は上手なドラマーは腕の一振りにも、様々なコツが隠されています。私はそれを分かりやすく皆さんにお伝えし、見えにくい感覚的な悩みを解決、上達のスピードを飛躍的にアップさせます!

【その3 テキスト通り、型通りのレッスンをしない、一人ひとりの描くドラマー像に最短で辿りつくレッスン内容を提案します】

まず型と基本を覚えることはとても大事です。これはもちろんしっかりお伝えします。しかし、一般に大切な練習法と言われているものでも、目標によっては取り組むものでない練習法も実は沢山あります。手足をバラバラに動かす練習、高度なルーディメンツ(叩く手順)の練習、変拍子・ポリリズム(複合的なリズム)の練習等々…こういった練習はとても大事であり、私自身も取り組んではいます。しかし一般的に大切な練習と言われているからといって、機械的にレッスンに取り入れることはしません。こういった型どおりのレッスンは、音楽的な練習ではなく「練習のための練習」になってしまうことがよくあり、その結果「練習をたくさんしているのに実践であまり使えない」→「でも大事だと言われているから練習しよう」→「やはりバンドであまりフレーズが馴染まない」→「ドラムのセンスがないんだ」という考えに陥り、最悪ドラムが楽しくなくなりやめてしまうということすらあり得ます。私はまず目標と音楽ありきのレッスンを行います!レッスンでは皆さんに、どんな音楽が好きか、どんなドラマーになりたいか、ということをしっかりお伺いし、皆さん一人ひとりの描くドラマー像に最短で辿りつくレッスン内容を提案します。その結果、上達のスピードがぐっと速くなりますし、毎回のレッスンはとても楽しんでいただけます!

以上長くなりましたが、結局お伝えしたいことは「楽しいレッスンをしましょう!」ということです(笑)

ドラムが演奏できることで、人生はとても豊かなものになります。華やかなステージ、たくさんの拍手、そして何よりかけがえのない仲間たち。まずは一度チャレンジしてみませんか?

皆さんと、お会いできることを楽しみにしております。

ドラム教室 無料体験レッスン

ドラム初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
森裕迪 先生
担当:森裕迪 先生

ページ先頭へ

ドラム教室を選ぶ

ドラム教室のご案内

レッスン情報

スクール開校日時

月曜: 18:00〜24:00
火曜: 18:00〜24:00
水曜: 18:00〜24:00
木曜: 18:00〜24:00
金曜: 18:00〜24:00
土曜: 8:00〜24:00
日曜: 8:00〜24:00

・平日午前中も対応できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
・ライブ・リハーサルが不定期に入ることがございますので、随時ご相談ください。

twitter

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる