サイタ音楽教室ドラム教室 大阪かまはらドラムスクール

 ドラムコーチ
  1.  ドラムコーチ
蒲原 彰宏
  • 初心者歓迎
  • 土日OK
  • 早朝OK
  • 平日20時以降OK

ドラムを極め現役活躍中!料理とお酒も大好きで親しみやすさ抜群
かまはらドラムスクール

60分レッスン4,300初回体験
0

  • 月1回〜OK / 
  • メジャー経験コーチ / 
  • お子様歓迎 / 

先生から一言

「自分にドラムができるのだろうか…」

もしこんな不安をお持ちなら、是非ドラムの前に座ってみて下さい。

そして、スティックを適当に持って、適当な高さから、適当な力で、太鼓に振り下ろしてみて下さい。

するとどうでしょう、100人いれば99人くらいの方は、太鼓から出たタンッ!という音が聞こえることでしょう。

これで、ドラムに必要なことの60%くらいは完了している、と言われたら驚きますか?

「ドラムを叩く作業」は、この「スティックを適当に持って、適当な高さから、適当な力で、振り下ろす」という作業がたくさん集まってできたものです。あとはこれの繰り返しなのです。

では残りの40%は?

それは「スティックを適当に持って、適当な高さから、適当な力で、振り下ろす」作業を、「どのように自分にとってやりやすく、力を抜いて、楽しんで行うか、を考えていく作業」、いわば「色を付ける」作業です。

この、色付け作業をいつも行っている人のことを、”ミュージシャン”と呼びます。

そう、ドラムは、イスに座って、1発を音を出した瞬間から、誰もが立派な”ミュージシャン”!

どうです?ワクワクしてきませんか?

ドラムには音階がありません。
そのため、ギターやベース、キーボード奏者たちが縛られている”音階理論”というルールがありません。
ドラムをどういう風に叩くのか、これは叩く人の自由なのです。
ルールがないからこそ、あなたの付けた色が、最大限に輝きます。

そしてその色は、あなたにしか出せない、あなただけの色です。

あなただけの色、見つけてみませんか?

是非お手伝いさせて下さい!

”Relax, don't worry, playing the drums!”
さあ、心配せず肩の力を抜いて、楽しくドラムを叩こうじゃありませんか!

現在、新規の受講生は
受け付けておりません
略歴

高校に入学したその日に、「バンドやってモテたい!」という不純な動機で、軽音楽サークルと間違えて「ブラスバンド部」の門を叩き、そのまま入部。その後3年間、パーカッションパートに所属し、スティックコントロールの基礎をみっちり仕込まれる。「基礎練習はなんて退屈なんだ!」と思うようになる。学内での演奏、定期演奏会、コンクール等のステージで、クラシック、スウィングジャズなど、ドラムとして演奏。
学外では同級生の友人と3ピースメロコアバンドを結成し、”モンゴル800”や”Hi-STANDARD”などをコピーし、近隣のライブハウスにてライブ活動を行う。バンドをやってもそれほどモテない現実を知る。

大学在学中(2004年~2009年)は、学内の軽音楽部にドラムとして所属。バンドを多数掛け持ち(最高で8バンド)し、練習のしすぎで3年生に上がれず1年間留年する。高校卒業後から基礎練習をしなくなり、スティックコントロールの技術が落ちていくのを実感。「やっぱり基礎練習って大事なんだな♪」と思うようになる(が、やっぱり退屈なのでやらない)。この時の過密な活動のおかげで、親不孝の称号と引き換えに、J-POP全般、ハードロックやパンクロックなど各種ロック、スウィングからモダンなど各種ジャズ、フュージョンに至るまで、叩けないジャンルがほぼ無くなる。
最も好きなジャンルはクロスオーバーやフュージョン。好きなアーティストは神保彰さんや則竹裕之さん。

2004年に、所属部内にてギターロックバンド「anticlockwise」を結成、ドラムとして加入。2005年2月、2006年8月に、それぞれ1st、2nd自主制作ミニアルバムを発表。2005年7月、株式会社あわわ(徳島県)主催コンテスト「バングマニア」出場(受賞なし)。2007年11月、下北沢のレーベル「mona records」よりアルバム「フクロウと宿り木」を発表し、インディーズデビュー。
在学中は徳島県を中心にライブを行う。メンバーの卒業や転居を足がかりに、大阪や京都、鳥取、東京などへもライブ活動の場を広げ、結成10年目を迎えた現在も、関西圏を拠点に、精力的な活動を展開中。

現在は、フリーランスの管理栄養士として働き盛りの方々の健康を見つめる傍ら、スキを見つけては音楽活動に精を出す日々。音楽と料理とビールをこよなく愛し、仕事そっちのけでおしゃべりに花を咲かせるほど、人と話すのが大好き。天敵は「退屈」。

スクール開校日時
  • 月曜: 06:00〜23:00
  • 火曜: 06:00〜23:00
  • 水曜: 06:00〜23:00
  • 木曜: お休み
  • 金曜: 06:00〜23:00
  • 土曜: 06:00〜23:00
  • 日曜: 06:00〜23:00
レッスン料金

60分あたり4,300

初回体験 0円

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎に貸し音楽スタジオの利用料(1,000〜2,500円)をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

ご注意事項

上記以外でも可能が場合もございますので、ご相談下さい。

体験レッスン時の持ち物

貸し音楽スタジオの使用料(1,000~2,500円)

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

【重要】『サイタ』サービス終了のお知らせ

平素よりお世話になっております。
サイタ事務局でございます。

2021年3月31日をもちまして、誠に勝手ながら『サイタ』のサービス提供を終了することとなりました。

新型コロナウィルスの流行による外出自粛などにより、今後も安定的にユーザーの皆様にご満足いただけるサービスの提供が困難であるという結論に至りましたため、サービスの終了を決定いたしました。

日頃ご愛顧いただいております皆様には突然のお知らせとなりましたことを、事務局一同深くお詫び申し上げます。

これまでご愛顧いただいておりました皆様には深く御礼申し上げますと共に、
この度のご案内となりましたことを心よりお詫び申し上げます。


■サービス終了までのスケジュール
・2020年7月1日:サービス終了のお知らせ(本告知)
・2020年7月31日:無料体験レッスンのお申し込みの停止(体験レッスンの実施は2020年8月31日まで)
・2020年9月30日:新規のレッスンマイルの購入停止
・2021年3月31日:サービス終了

レッスンのイメージ

まず、どんな曲をどんな風に叩けるようになりたいのか、イメージを聞かせてください。
そして、実際にドラムに当たって頂きながら、ご自身の感覚と癖をつかんでいきながら、最短で最適な練習メニュー組んでいきます。
「叩きたい曲が分からない」という方もご安心を♪
実際にドラムに叩いてみながら、どんな風に叩きたいかイメージするのをお手伝いいたします。

【大まかな流れ】
・自己紹介、ヒアリング
 ↓
・基礎的な部分を微調整しながら、実際にドラム演奏
 (座り方、スティックの持ち方、楽器の位置の調整のし方など)
 ↓
・やりやすかったこと、やりにくかったことなどを踏まえて、今後のプランを検討

ページ先頭へ

はい、大丈夫です!
初めて楽器に触れる方も安心の、アットホームな個人レッスンです。
他の受講生の目を気にせず、マイペースに楽しみながらご受講いただけます。

いいえ。マンツーマンでのレッスンにのみご対応しております。

レッスン受講料(¥4,300)+貸し音楽スタジオのレンタル料実費(¥1,000〜2,500)です。受講する分だけ前払いのポイント制なので安心です。

※入会時に、全てのジャンル・プライベートコーチに共通のサイタの入会金として8,000円が必要となります。

料金・お支払い方法