音楽教室ドラム教室東京 YOU先生のドラムレッスン レッスンノート

YOU先生のドラムレッスンレッスンノート(12ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ストローク練習、ツインペダル練習など
6/11 ストロークは徐々にではありますが、確実にスキルアップしているようです。 タムのフィルインでの連打が以前よりかなりスムーズになっていると感じました。 必要な練習としてはアクセントを...
基礎ストローク練習、フィルイン時のタイムキープなど
6/6 ・基礎ストローク練習 グリップの形に注意しましょう。 打ち終わりで指が開いている癖があるので、スティックを低い位置にとどめるためにも打ち終わりでは指は閉じて下さい。 また音量...
ハイハットワークの解説、足のダブル
6/5 ・「Peg」のハイハットワークの解説 裏拍をしっかり鳴らしつつ、その後に16分音符の2連打をピアニシモくらいの音量で鳴らします。 これは非常に難易度の高いプレイでストローク系のトレ...
手のダブル、足のダブルの練習
6/5 ・手のダブルストローク 今回は下半身でリズムキープをしながら上半身でダブルストロークのチェンジアップに挑戦しました。 最初はかなり手こずりましたね。 途中から随分スムーズにできる...
基礎ストローク練習、新曲パターン練習
5/31 ・基礎ストローク練習 アクセントありのシングルストローク連打 アクセントとノーアクセント部分の打ち分けをしっかりとやりましょう。 レッスンでもお伝えしましたが、我々プロはアマチ...
ダブルストローク、足のダブル、両手刻みの16ビート
5/29 ・ダブルストローク 徐々にスピードアップを目指します。スピードが上がるにしたがってフォームは徐々にコンパクトになっていきます。小さなフォームで正確に打てるようにしていきましょう。 ...
アップダウン奏法、ダブルストローク、曲演奏
レッスンでも言いましたがダブルストロークとシングルストロークは打ち方(手首の使い方)が異なります。 シングルは毎回ショットごとに手首が返ります。 ダブルは1打目は手首は返らずスティックだ...
ダブルストローク、足のダブル、曲演奏
ここのところ毎回取り組んでいる課題ですが、地味ながら着実にスキルアップをしているように感じます。 ダブルストロークはシングルストロークときっちり区別して打つことが大事。シングルは毎回ショッ...
5/19 両手の16ビート、足のダブル、手のダブルストロークなど
・両手で叩く16ビート フォームは悪く無いです。 基本的なパターンもできています。 あとは足のパターンが複雑になってきた場合にどこまで対応できるか。 まずは普通のシンプルなパターンで練習...
5/18 基本的なリズムパターンの確認、ストローク、バスドラム、アップダウン奏法など
セッティングは概ね大丈夫でしたね。「2つ並んでいるものは基本的に高さを揃える」を忘れずに。 基本的な8ビートパターンは問題なく叩けることを確認しました。メリハリが欲しいところですが、これは...

YOU先生のドラムレッスンのレッスンノート ・・・計394件

YOU先生のドラムレッスン ページ先頭へ