音楽教室ドラム教室東京 タカギハルカドラムスクール レッスンノート

タカギハルカドラムスクールレッスンノート(11ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

初回お疲れ様でした!
今日は基本的なドラムの知識、スティックの持ち方、8ビートにも挑戦しました!
裏打ち
今日は主に曲の練習をしました! バスドラの裏打ち、スネアの裏打ち、どちらも大事なので根気強く練習してみて下さい! ポイントは、「しっかり」叩くこと(^o^)
お疲れ様でした!
基礎と、8ビートの優しいパターンをやりました! 曲にも合っていましたし、アンサンブル能力があるので、次回も色んな曲でやってみましょう!
引き続き左手練習と、ハイハットの練習
ドラムのパターンで左手を多めに使うものをやりました! また、ハイハットのオープンクローズのテクニックについても少しやりました。 どちらもマスターできたらカッコイイので頑張りましょう!
アップストローク
今日はアップストロークをやってみました。 手首のスナップを素早くきかせましょう! まずはゆっくりからで結構です! ほか、タム回しなどもやりました!
左手の練習
今日はスネアが特徴的なビートをやりました。 ハイハットにつられないように、左手に意識を集中させましょう^_^
指の使い方
ダウンストローク アップストローク(手首) アップストローク(指) という感じで進化させていきましょう!笑 足の16分音符を使ったパターンも難しかったですね! またやりましょう!
16分音符の練習
16分音符は、大きい流れでテンポを取るようになるのに自分の動きはせわしない、と捉えてしまうかもしれません。 少し慣れるまで時間がかかりますが、冷静にキッチリと叩いていけば大丈夫です!:D
左手は右手を参考に
左手が上手くいかずもどかしいかもしれませんが、いい感じなのでこの調子で頑張りましょう! 16分音符の練習では、いかに左手のクオリティが反映されるかがわかりましたね! 頑張りましょう!:D
スティックをしっかり支えましょう!
スティックがまっすぐ入るように気をつけましょう! 左手は特に外側に向く傾向があります。 手の甲をしっかり上に向けて、スネアのど真ん中を狙って叩きましょう! バスドラムの8分音符で刻む練習も...

タカギハルカドラムスクールのレッスンノート ・・・計304件

タカギハルカドラムスクール ページ先頭へ