音楽教室ドラム教室兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート

カツ.jp ドラムスクールレッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ハイハットコントロールと手と足のコンビネーションフィル。
ハイハットコントロールは腕の動きを覚えるまでは大変ですが、一度覚えてしまうと脱力した奏法が出来るようになり、かなりスピードがアップします。 スティックの持ち方と角度に気を付けながら練習しましょ...
8ビート基本練習。
昨日は8ビートの基本練習を行いました。 気を付けることは、 ・スティックの持ち方 ・姿勢 ・腕の付け根を意識する ・キックはジャンプの要領で ・絶対に間違わないテンポで練習する で...
ツインペダルの練習方法。
昨日はツインペダルの練習方法を色々と紹介いたしました。 ツインペダルを踏む時にネックになるのがやはり左足です。 左右のバランスが良くないとボリュームが変わったり、跳ねたリズムになってしまいま...
ハイハットコントロールと8ビートパターンの練習。
今日は ・ハイハットコントロール ・8ビートパターン(キックダブル) を行いました。 ハイハットコントロールは右足と左足が同じ動きになるように気を付けましょう。 特に右足だけ特別な...
オリジナル曲のドラムアレンジ。
オリジナル曲のドラムアレンジについて説明いたしました。 一言で言うと「自由」なんですが(笑)、それだと元も子もないので、アレンジによく使われる手法をいくつかご紹介しました。 一番大切なのは作...
新しい8ビートパターンと締めのシンバル。
今日は ・チェンジアップ ・新しい8ビートパターン ・締めの練習 を行いました。 チェンジアップは三連符から16分音符への移り変わりが難しいので、移り変わる前には次の音符を叩けるよ...
ドラムの一歩目(体験レッスン)。
ドラムの一歩目として、 ・拍子記号、音符の説明 ・8ビート を行いました。 拍子記号には約束があって、一小節の中に分母の数字の音符が分子の数字の個数入りますよという意味になります。 ...
ハイハットコントロールの練習。
昨日は ・ハイハットコントロール ・キックのダブル を行いました。 ハイハットコントロールは右足と左足が同時に動く時に、なるべく一緒の動きになるようにしましょう。 また、空踏みとハ...
手と足のコンビネーション。
昨日は手と足のコンビネーションの練習をしました。 6連符三つと16分音符のタタタタで構成された楽譜にはなるのですが、フレーズが一拍半で構成されているので、かなりトリッキーに聞こえると思います。...
体験レッスン、「Sing Sing Sing」のアレンジ。
「Sing Sing Sing」のパーカッションアレンジについてレッスンいたしました。 打楽器の三大要素は、 ・アクセント ・ダイナミクス ・リズムキープ となりますので、アレンジする...

カツ.jp ドラムスクールのレッスンノート ・・・計443件

カツ.jp ドラムスクール ページ先頭へ