音楽教室ドラム教室レッスンノート サウンド大改造

サウンド大改造

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
カルテ送信いたしますので、ご確認ください。

■サウンド大改造
パワーがあり、エネルギッシュなサウンドです。
ただ、それだけですとガリガリした聴き疲れのする
サウンドになってしまいがちです。
そこで、パワフルなサウンドに、しなやかで包み込む良うなイメージを
付け加えて大改造します。
全体のサウンドバランス改善、スタミナ温存ができ、
聴き疲れしない音での演奏が可能です。

■右足16分音符のフレーズ
バスドラの音量が出ない箇所がありますが、
最小音量に全体のサウンドを合わせてバランスを取り、
ドラムセットの音量を整えました。
あるパートが1つの音、一方のパートが2つの音という
音形が難しいのがお分かりいただけたかと思います。
また、音量を抑えた時のやりやすさ、
テンポを遅くした時のやりやすさが実感できるので、
練習の組み立てがうまく行きます。

■身体の動かし方
筋肉と体格をうまく生かして演奏しました。
掌で叩くようなイメージでスティックを持ち演奏しましょう。
おおらかで豊かなタムの音が得られます。
また、指はがっちり握りすぎないようにしてください。
各楽器の反応、リバウンド、揺れを感じる握り方を探してください。

■曲と一緒にシェイクパターン
シェイクパターンを練習し、曲に臨みました。
動きは難なくできました。
テンポも適切でしたので曲ともうまく演奏できました。
各項目を意識しつつ演奏できるようにしましょう。
さらなる心地よさが見えてくるはずです。
このレッスンノートを書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta