2013.10.30

おしゃれなジャズ!ドラムのジャズの楽曲紹介

 最近でもテレビCMに使われたり、映画やその他のメディアでも取り上げられるジャズのナンバーです。また、高校生によるジャズオーケストラやブラスバンドの活動も盛んですよね。それらを聴いたり見たりしてジャズに興味を持った方も多いかと思います。
 まずはやってみたい!という気持ちが大切です!
 デキシーからバラード、ビックバンドでの演奏、それにモダンジャズのような革新的で各楽器が呼応しあう共演!
 さあ、今日からジャズを演奏しましょう!

この記事のまとめ

  • 練習はスタンダードな曲が一番!
  • やはり学ぶならドラム教室に通うべし!
  • 自分のレベルを知るなら集まって練習しよう!
続きを読む

ジャズでドラム!簡単な楽曲


 ジャズは時代によってジャンルや演奏スタイルもさまざま。
 好きなアーティストの曲を練習できればいいのですが、まずはジャズドラムの基本的なリズムやテンポから覚えていきましょう。


 それにはスタンダードな曲が一番!
 たとえば「枯葉」。もともとはシャンソンの名曲ですが、スタン・ゲッツをはじめキャノンボロール・アダレイ、ビル・エバンスなど多くのジャズミュージシャンによって演奏されていていますが、ミディアムテンポの4ビートの練習に最適でしょう。


 スローテンポの練習ではではエロル・ガーナーの「ミスティ」。
 ラテン&4ビートの練習ならアート・ブレイキーの「チュニジアの夜」が最適。
 そして、3拍子なら「いつか王子さまが」。
ディズニーのアニメ映画『白雪姫』の挿入歌でしたが、デイブ・ブルーベック、ビル・エバンス・マイルス・デイビス、それにジャズシーンのなかでも前衛ジャズの異才サン・ラーもこの曲をとりあげています。
 さあ、スタンダードなナンバーでジャズの基礎を磨きましょう!

こんな練習をするべき

 どの分野の音楽にも独自のリズムやテクニックがありますよね。
 ドラムのリズムやビートがその音楽の特徴や雰囲気を言い表しているといっても過言ではないでしょう。

 ロックのリズム、ジャズのリズムやテンポ。そんな音楽のジャンルを決定づける重要な楽器がドラムですね。
 ジャズ界には多くの名ドラマーが存在し、ジャズの歴史に名を残してきました。一方、ジャズを愛してさまざまな場所でプレーを楽しむ一般のドラマーも世界のジャズ人口を考えればとても多いのではないでしょうか。


 ジャズはその気楽さ、自由さも魅力の一つですが、ジャズドラマーをめざすのであれば、やはり専門の教室に通うべきでしょう。
 ポップスで人気を博した大江千里がジャズピアノ奏者に転向しようとアメリカの音楽学校に通っていた頃の話だそうです。

 クラスでセッションの課題があって数名の学生たちで演奏をはじめると、自分より2回りも年下のドラマーから「彼のピアノはジャズじゃない!」といって演奏を止められたことがあったそうです。奥深いですよね、ジャズって。

次のレベルはこんな曲を練習するとよい


 せっかく基礎を学んだのなら、次のステップへ進みたいですよね。
 しかし、自分がどのレベルにいるのか意外にわかりませんよね。
 この曲ができてあの曲ができないと結局このレベルか!なんて自信を失わないように、積極的にセッションなどに参加してみればいかがでしょう?


 批評も反省も大切ですが、読経試しで自分をさらけ出し、演奏を楽しみましょう!
 仲間同士で集まるのもよいし、ドラム教室に通っていれば発表会もありますから、大いに刺激になると思います。

 また、同じドラマーで知り合いになればどんな練習をしているのか、教えたり教えあったりするのもいいですよね。

おわりに

いかがでしたか?今回はジャズドラムをはじめる方にいくつかの練習曲をごしょうかいしました。ご存知の曲はありましたか?

どこかで聴いたことのあるジャズのスタンダードナンバーも実はシャンソンだったり、アニメの挿入歌だったりと、ジャズはほんとうに懐が広いですね。つまりジャンルに関わらず「音楽」として演奏したい、演奏できるというのもジャズの奥深いところなのではないでしょうか。

そんなジャズの重要なパートを担うドラムス。自分も聴く人も楽しく音楽できればいいですよね。

関連記事
男なら一度は叩きたい!男性ドラマーの選ぶ曲特集
練習したい!ドラムの練習場所一覧
大人気!ドラムのロックの楽曲について

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり4,300円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎に貸し音楽スタジオの使用料(1,000~2,500円)をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

ドラム教室の無料体験レッスンについて

サイタのドラム教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もしドラム教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

ドラム教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
機材の説明やレッスンの説明
14:15
基礎的なテクニック調整
14:20
実際にドラムを実践してみる
14:55
今後のスケジュールを相談
全文を読む

先生の説明は本当に分かりやすく、体の使い方を的確に教えてくださいます。
ドラムレッスンでは、同じことの繰り返しではなく、毎回なにか進歩を感じられます。
それが、レッスンに通う原動力となっています。
また、先生と音楽の趣味が似ているので楽しいです。

全文を読む

熱心な先生にあたり本当に良かったと思います。
ドラムレッスンのテキストも先生独自の物でわかりやすいです。
Cyta.jpのシステムは先生と都合が合えば受講出来るのでとても気に入っています。
また、先生の連絡も早く、対応に満足しています。

全文を読む

自分では気付かない事を色々と指摘してもらえたり、理論的に丁寧に教えてくださるので、とてもためになります。
また、こちらの要望を色々と聞いてくださるのでとても嬉しいです。

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

ページ先頭へ