全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室千葉 GROOVE FACTORY スクールブログ 可能性への挑戦...

可能性への挑戦。

久方ぶりです。
講師の藤原です。

最近はいきなり暑くなったり、気を緩めると寒くなったり、やかましい天気ですねー。

でも僕は基本的にスタジオにいる時間が長いので早くもクーラー病の兆しアリです(笑


さて、皆さんは練習してますか?
練習、だいじですよねー。

練習をするから楽しくなる。
楽しくなるから練習する。

これがゴールデン好循環です。


でもいろいろ練習しているとやはり壁にぶつかりますよね。
そりゃー人間だもの。仕方がないです。

そこで今回僕が皆さんにお伝えしたいのが、練習のことではなく可能性のお話です。


やっぱりね、人間ってできなくなると嫌になって諦めるんですよ。そのほうが楽だし。

では諦めるとはどういうことなんでしょうか。

諦めるというのは、消して悪いことではありません。
自分の中で葛藤して、その答えとして線引きをする。
なんとも男らしいじゃないですか。

でも諦めるというのはこういう側面もあります。

それが、可能性の消去です。

現在自分がやっている練習があるとします。
それが、できないと感じて諦める。

そうすると、諦める前に自分の道が10通りあったのに対し、諦めることによってその道が3通りほどになります。

つまり人間は諦めることによって「無限の可能性」というのを「有限の可能性=可能性の範囲をせばめる」ことになります。

しかしながら諦めた先の道にはまた10通りの道があって、それによって今諦めたことをカバーできれば良いのではないかと思います。

・・・はなしが哲学的になってきたので戻します(笑


つまりはですね、諦めてもいいんだけど、それなりに可能性が閉ざされるよー。ってことです。

なんで一度踏みとどまってどの程度まで諦めるのか、そしてそれは今後カバーできる可能性はあるのか、を模索してみてください。

これはドラムに限らず日常生活でも当てはまりますよね。


よし、みんなでがんばりましょー!!←多少強引。

 

(2008年5月29日(木) 3:02)

前の記事

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ