サイタ音楽教室ドラム教室埼玉 ドラムスクール・モッチ スクールブログ 自分セット&チ...

自分セット&チューニング

久々の自分セット持込みで
フルセット
エンジニアさんを迎えてのレコーディングです。

普段は3点セットなので久々の多点フルセット持込みとゆーことで
やってみました。

やはり多点は気持ちいい!
なんと言っても囲まれている感じがなんとも言えない安心感!
これだけでビートが安定するのではないかとゆーぐらい(笑)

まぁ実際はそんなことはなくて
録った音は普段通り・・・・・

多点レコーディングの一番難しいところは
なんと言ってもチューニンング

少ないタムの量だと共鳴などはそこまで意識しないのですが
タムの量がふえると自然とセッティングもタムどうしが近くなってくるので
共鳴を意識しなくてはなりません。

共鳴とは一個の楽器を鳴らすと他の叩いていない楽器の倍音も出てしまう
という現象です。

これはレコーディングをするうえで非常にやっかいです。
共鳴するのはある程度仕方ないことなのですが
その共鳴している周波数帯が問題で
気持ちよい共鳴をさせるためのチューニングをしなければなりません。

チューニングの奥の深さをあらためて知るレコーディングとなりました。

詳しくは今後のブログで!!!
もしくはドラムスクール・モッチへ!!!

自分セット&チューニング

(2010年6月3日(木) 17:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

いかに力を抜いてプレーできるか熟知!“らく"で自由なドラムプレイを

ブログ記事 ページ先頭へ