サイタ音楽教室ドラム教室栃木 8810 ドラム講座 スクールブログ ★初心者必見★...

★初心者必見★手のスピードアップ練習方法【その2】






インフルエンザの予防接種を受け

安静にしないといけないと言われたが

歯向かってドラムをぶっ叩いている

8810です。( ̄∇ ̄)







みなさんはやめときましょう笑




















はい!!!!

てなわけで

今回は前回の引き続きということで
















手のスピードアップ練習方法

その2

になります!!!!!!!!




















よいしょ

パチパチパチパチ















前回のは肩甲骨のストレッチ

身体についてお話しましたが



















ついに今回はスティックを


使いまーーーーーーーーーーーーす!!!!




















みなさんは普段ドラム練習して叩いている時


叩いてる動き 又は ストロークに目を向けたことが


ありますか??????













実は叩いてる動作に



『4つのストローク』があります。



ご存知の方もいらっしゃると思います!!



なので、知らない方のために教えます!!



このストロークを習得すると
















『スピードアップ』


『音の強弱』


『音の表現力』












がぶっ飛んで上がります!!!!



頼むからみなさん、やって下さい笑

























では、スティック持ちを構えた位置を





1.ハイポジション(高い位置)


2.ローポジション(低い位置)



写真のせときまーす🤳





ハイポジションはスティックを高く構えます

ローポジションはスティックを低く構えます










これをポジションを使って4つのストロークを




説明します!!!!















① フルストローク


→ハイポジションからスネアを叩き
 ハイポジションに戻す動き

 
 ※ダウンストローク→タップストローク→
  アップストロークを一連にしたもの
















②ダウンストローク


→ハイポジションからスネアを叩き
 ローポジションにする

 ※このときローポジションは
  スネアとスティックの間は2cmぐらいにとどめる















③タップストローク


→ローポジションからスネアを叩き
 ローポジションにする

 ※叩いた気がしないと思いますが
 上手くなる秘訣の1つになります!!
 今後、ゴーストノートというグルーヴ
 ましましの奏法につながります

















④アップストローク


→ローポジションからスネアを叩き
 ハイポジションに戻す


 ※これがヤバイぐらい重要です笑
  よろしくです笑
 















まずはこの4つのストロークを習得してみて下さい!


次回、手のスピードアップ練習方法は


最終回になります。


よろしくです!!




もっと知りたい方は体験レッスンお待ちしてまーす笑













なんでかんでブログやってた

今回で11件目だ!!!!

早いなぁ〜〜


★初心者必見★手のスピードアップ練習方法【その2】★初心者必見★手のスピードアップ練習方法【その2】

(2019年11月19日(火) 20:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブやサポート、講師として活動。好きな曲のマスターを目標にレッスン!

新着記事

みなさんは ハラミ、カルビ焼肉で食べるとするならば どっち派ですか? 僕は牛タンです(答えになってねぇ〜) はい、てなわけで ...

はい、こんばんわ ジェニーハイというバンドが 最高で最近ずっと聴いている 8810です!! 因みに、今日ジェニーハイの叩いてみた動画 YouTube、ニコニコ動画、TikTokにあげました〜 みんな、見てねん笑 ...

どうもどうも 堂本剛 はい… 最近、雪虫がいて もう、雪降るの!? と焦ってる8810です_| ̄|○     てなわけで ...

インフルエンザの予防接種した場所が 痒すぎて 痒い8810です笑 てなわけで 今回は練習方法とかのお勉強コーナー でわなく 僕の雑...

はい、どうも〜〜〜 朝起きたら気温が2度でした 勘弁してほしいという思いが強い 8810です!!!!(^O^) てなわけで 今回教える内容は〜〜 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドラムレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ