全国5万人が受講している「サイタ」

ドラム教室・レッスン

ドラム教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ドラム教室大阪 kanazawa ドラム・エクササイズ スクールブログ 練習~その二

練習~その二


おはようございます。ドラム講師の金澤です。

前回に続き、練習について実践的な話をしたいと思います。

●1
まず練習するには絶対条件として、メトロノーム(リズムマシーンやクリックとも言う)が必要です。
人は一定のリズムをキープするのに時間がかかります。自分自身を把握する意味でも絶対必要です。場所によってはスタジオに置いてある所もあります。

●2
いきなり早いテンポで練習しない。
何をするにも身体を慣らす事からしましょう。まずはウォーミングアップ的なエクササイズをゆっくりとしたテンポで始めるのがベストです。根気よく出来るまでやり続けましょう。

●3
譜面に慣れる。
テキストを練習していくと、段々譜面に強くなっていきます。楽譜を読むのが苦手な人は、まず練習しているテキストの譜面をしっかりと見て克服していきましょう。

●4
時間
一つの課題に対して最低5分間は続けて練習しましょう。
というのは、曲を演奏しているように5分はもたないと意味がありません。止まらず頑張りましょう。

●5
バランス良く身体全体を練習させる。
順序よく練習していくと効率的に上達していきます。
例えば「チェンジアップ」で手を練習し、「フットトレーニング」でフットワークを鍛え、「リズムパターン」でリズム練習し、最後に曲の練習をする。と順番的に練習するのも上達への近道です。

長々となりましたが、個人練習をすると必ず上達するので頑張ってほしいです。

次回は練習に役立つ情報を紹介したいと思います。

 

(2010年5月11日(火) 0:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上の大ベテランが、ドラムのお悩み解決!

kanazawa ドラム・エクササイズ
金澤佳幸 (ドラム)

新大阪・三ノ宮・西明石・天満・十三・茨木市・上新庄・江坂

ブログ記事 ページ先頭へ